12月雑感

来年の春夏のキックオフ、展示会と終えて・・
来年の秋冬のPRサンプルのオーダーをしています。
今年の秋冬の最終お貸出とサンプルセール、クリスマスカードの準備中。
そして・・前年対比の業績についての取材を受けています。

3シーズンどころか・・3年分くらいの全部がやってくる!!季節なのです。
(日本ランズエンドでは決算が1月のため、なおさらややこしいっ。。)

生来せっかちな性格、早口、足早(!?)であっという間に1年を駆け抜けてしまいそうです。
クリスマスとお正月の間に、誕生日があるものですから・・・またもや、全部がいっしょにやってくる感じのわたくしの人生なんです(笑)

「木佐彩子さん」 ランズエンドキャンバスのイメージ、サイズ感を気に入ってくださっています。

101217pr_photo1.jpg

BS朝日「いま、世界は」(日)19:00 – 20:00の報道番組でメインキャスターとして出演中。

「VERY」1月号であらためて、ランズエンドキャンバスのブランド紹介をしていただきました。
日本でのブランドロンチから数ヶ月、ずっと支持してくださっています。

ヘリテージ キャンバストート

秋のNYから日本に戻ったところで、クリスマスを越えて、来春夏のことで頭がいっぱいの今日この頃です・・。
とはいえ、シーズンレスな世の中だと思います。

わたくしにとってはこれからの季節こそ、スリーブレスが必須アイテムのひとつ。脚もブーツさえあれば、素足です。夏は冷房対策の湯たんぽ&毛布でしたのに。

NYでのプレスプレビューでのおみやげはランズエンドのヘリテージのひとつ!キャンバストートでした。刺繍でパーソナライズできるのがまた楽しみのひとつ。

先日パリに戻られる前の中村江里子さんとマロンデザートを目の前にしてお会いいたしました。(お互い栗好き!)

ベビーカーにはランズエンドのキャンバストートが!
機内持ち込みにも使えますし、本当に便利!・・と、ラグジュアリーブランドのすてきなバッグを携えながら、ランズエンドのキャンバストートとともにコーディネートしてくださっている江里子さんでした。

平野レミさん

レミさんのお誕生日に、お宅にうかがいました。
長いお付き合いをさせていただいていますがお会いするのは久しぶり。
旅番組で一緒に出演させていただきましたのは5年前くらい??
一緒に伊豆に行こうっ!着いたのは鴨川でした(笑)

今はレミパンとお料理で有名なレミさんですが、フランス人の血をひいているレミさんのシャンソンもすてきなんですよ!

バースデープレゼントとして、お料理には長袖より、7分袖のほうが便利かなと選びました・・そして、ハート・イニシャルを。
「刺繍かわいいねぇ!!”R”にハートがくっついてて!料理番組で着るからね!」と喜んでいただきました。

プレス(広報)としては、ランズエンドというブランドを一目瞭然にわかっていただきたいという想いで、ブランドストーリーブックをつくっています。
レミさんの夫、和田誠さん(週刊文春の表紙でも有名ですね。)にもみていただきたいと思ってお送りしたのですが・・今レミさんから電話がありまして
「LANDS’ END」のアポストロフィーが変な位置にあるのは誤植から生まれたもので
ありながら、そのまましている・・というくだりが一番いいと・・
「おおらかな感じでいい会社だねぇーーすごくいいねぇ」と何度も言っていただきましたよ!

はなまるマーケットの薬丸さん

ランズエンドのカタログ’初春号’掲載商品から、TBS「はなまるマーケット」レギュラーの薬丸裕英さんに着用していただきました。先週から今週にかけて5日分のスタイリングでした。

「やっくんと呼ぶか、薬丸さんと呼ぶかで年齢がわかる・・」らしいです(笑)
どこか、アメリカ人を彷彿とさせる、家庭を大切にするすてきな夫&お父さんのイメージだと思いませんか?

そういえば、アメリカとの電話会議のときに、子どもの声が聞こえることがあります。時差の関係でこちらは早朝ですが、USはアフター5なので、自宅から参加するのですね・・
That’s America !!

薬丸さんのことを、メンズのマーチャンダイザーがUS本社にて「USでいうと、レイフ・ギャレットみたいな人だと・・説明したのだけれど.だれにもわかってもらえなかった。。」と。薬丸さんを説明するのにわかりやすいアメリカ人て??

パリ在住 中村江里子さんのお気に入り

中村江里子さんは、「女性は50代が一番美しいと思うから、50代になるのが楽しみ!」と。

パリで暮らしていて、フランス人のご主人がいらっしゃるからなのね・・!! と勝手にうなずいていた私だったのですが、江里子さんは20代のころ、フジテレビのアナウンサー時代からそう思っていらしたのだそう。

想いはかなう・・というその途上にいらして、凛としたたたずまいを感じます。

NYに住んでいらっしゃる姪御さんの幼稚園の制服はランズエンド!そのご縁もあり、江里子さんがとっても気にいってくださっているもの、それがキャンバストートです。

詳しくはご本人のオフィシャルサイトの「Eriko’s Collection」にて紹介してくださっていますが、お会いしたときも「生地がちがうの!」と。娘さんとお揃いで使ってくださっています。

江里子さんのお気に入り威力!?はすごく、偶然にもパリで一緒に仕事をされたカメラマンの方が共通の知人でしたので、彼いわく「ロケバスのなかでも、ランズエンドの話をしていて、みんながファンになっていました!」と。

かとうかず子さんとの秋冬

ランズエンドのカタログも今年最後のクリスマス号ができあがりました。

かとうかず子さんには秋の立ち上がりからインタビュー記事にてご登場いただきましたが、夏日にカシミヤ、コートと撮影したことが遠い昔のようです。
その後も日本テレビ『スッキリ!』やTBS『金曜日のスマたちへ』で、ジャケット、ワンピース、カシミヤなどを、またテレビ朝日『旅の香り』では「旅にぴったりの軽いコートでした!」と
“ダイヤ・キルト・コート”を選んでくださいました。
かとうかず子さんご自身のブログにもたくさん登場させていただき、うれしい限りです。

かとうかず子さんインタビューページはこちら