チャリティマラソン by ランズエンド陸上部?

秋晴れの先日、日産スタジアムで盲導犬総合支援センター主催の「チャリティ・スマイル・ラン」が開催されました。

盲導犬刺しゅうで長いおつきあいのある日本ランズエンドでは、チームをつくって参加、ひとり2kmのコースを5人のチームで3時間たすきをつなぐといった、ハードなものでした。

参加者雄姿
おそろいのスーパーTのバックにはランズエンドロゴ刺しゅうを。
 

ブランドロゴを背負って走ります。偶然にも同色のたすきをかけて。
 

なぜかたすきをつかんで走る弊社の監督。
 

社長も走りました。

入賞をねらっていたのですが・・ちょっとしたハプニングが・・
たすきをつかむ監督にわけありです(笑
 

厳しい表情の横顔が盗撮(!?)されていましたー
広報写真撮っています。
 

最後は社長の誕生日をサプライズで、お祝いの乾杯!!

おつかれさまでした!!
来年はランズエンド陸上部2チームになるそうですよ!!

Share this...

エルくんとの長いおつきあい

日本ランズエンドでは、盲導犬総合支援センター(以下盲導犬支援センター)とご縁があり、盲導犬刺しゅうなどでひそやかに!?応援をしてまいりました。

今回、社会貢献のページにあらたに「Go Guide Dogs Project」として、ランズエンドの3つの応援を公開いたしました。

いまでしたら8月限定、ポロシャツにも盲導犬刺しゅうをいれることができます!

180824_pr.jpg

実は9月限定も考えています^ ^

盲導犬支援センターのキャラクターである、エルくんは日本ランズエンド社にやってきたこともありまして!一緒にお茶を飲んだこともあります!

141024_pr_wide1.jpg

その時の様子はこちらから

盲導犬支援センターとの縁はある日突然に私の知人ともつながりまして、その方から「エルくんとは長いおつきあいだったんですねーー」と言われましたー

確かに!

「Go Guide Dogs Project」はこちらから

Share this...

前田ゆかさんがすてきなキャンバス・バイ・ランズエンドを見せてくださいました

6月になりました。

すっかり秋冬へと移行しているファッション業界なのですが・・
新ブランド「キャンバス・バイ・ランズエンド」の夏ものはまだまだ絶賛紹介中です!!

モデルの前田ゆかさんが「キャンバス・バイ・ランズエンド」を気に入ってくださりました!
ブログやSNSでのご紹介です。とてもお似合いで嬉しいです!

http://ameblo.jp/yuka-mae/entry-12164567153.html

オフィスにある、くまモン募金。
微力ではありますが、熊本復興の役に立てばと祈りをこめて。
奇しくも前田ゆかさんは熊本ご出身です。

Share this...

エルくん

盲導犬総合支援センターからエルくんがやってきました。

ランズエンドならではの刺しゅうの技術を、ピンクリボン、日本野鳥の会と、コラボしてまいりましたが、同センターとのコラボが始まったのは2013年4月のことでした。実は刺しゅう開発担当者が同センターの近くに住んでいたということから、始まった縁だったのです。

このたび、エルくんがデビューするということで、新たな刺しゅうを用意した記念に、日本ランズエンドのコールセンターに見学にやってきたというわけです!という設定のもと、取材をお受けしました。

141024_pr_wide1.jpg

広報同士!エルくんとの、ティータイム^ ^

盲導犬といえば、最近、盲導犬が傷つけられたという、心痛むニュースに、我慢強くてかわいそう。。と思っていたのです。
ところが、盲導犬は何をされても吠えないように訓練されているわけではなく、驚いた時には一声吠えることもあるそう。
だれかに頼りにされる、役に立っているということを幸せに感じられるような、おおらかで、楽天的な性格の盲導犬が多いようです!!
だから、エルくんの特技はどこでも寝られること!と、プロフィールに入っているんですね!

141024_pr_wide2.jpg

エルくんの刺しゅうをいれた、お洋服を用意していますと、猫(キティ)のあとは、犬ですね!と、声をかけられます^ ^

141024_pr_wide3.jpg

おみやげにランズエンドトートをさしあげましたっ!

Share this...

ピンクの糸

10月が近づきますと「ピンクリボン」の活動を目にするようになりますね。

アメリカ本社では、今年から「 Pink Thread Project 」を立ち上げました。
ピンクリボンではなく、ピンクの糸。それは刺しゅう糸にちなんでのことです。刺しゅうを通して、乳がんに対する理解と支援を呼びかける協会をサポートしていきます。

日本では「ピンクリボンプロジェクト」として刺しゅうを通して、支援の活動を始めたのは、2012年のことでした。
アメリカ本社の広報から、ピンクリボンの活動について、おしえて!と連絡が入ったのは昨年のこと。
日本の活動に対して、興味を示し、実際に後から取り組んだのは、メンズのドレスシャツ「立体Xシャツ」以来のことではないでしょうか!

アメリカでは6種類の刺しゅうが展開されます。
3年目を迎える日本では新たに3種類の刺しゅうが加わります。
圧倒的に日本の刺しゅうのほうがかわいいです!って英訳しないでくださいね(笑)

140926_pr_long.jpg
日本の新しいピンクリボン刺しゅうです
140926_pr_wide.jpg
アメリカ本社から「 Pink Thread Project 」のVideoが届きました。

Share this...

ついに!

ランズエンドとハローキティのコラボが始まりました。

商品部にキッズ担当者が着任したのは今年の1月のことでした。
その方を囲んでランチをした際に、キティの刺しゅうはいいかも!なんてお気楽に盛り上げた話が実現するとは!!

大人として、どこまでのキティが許されるのか?
今ではキティを神とあがめる!?セレブリティたちも増え、日本の文化のひとつとして、私もキティ好きを公言しています^^
公言しなくてもわかるといわれそうなデスク周りですが・・やってくるんです・・たくさんのキティたちが。

最近は盲導犬総合支援センターとキティコラボのメモパッドをいただきました。
こちらもランズエンドとのコラボ中です!)
そういえば、アメリカ本社のエドガー社長との最初の会話は「ハローキティ」でした。

文化交流にも役立ちますね!・・なんてクールにかまえても!?・・
ただいま催促にやってきたWEBクリエイターに・・今週はキティでいきます!と伝えると、本領発揮ですね!と、いわれてしまう私でした。。

131011_pr_long.jpg
©1976, 2013 SANRIO CO.,LTD. APPROVAL NO.S542547

ランズエンドとハローキティ コラボアイコンです。
キティちゃんがランズエンドの灯台ロゴを持っているんですよ!!

131011_pr_long_02.jpg

ハローキティ刺しゅうにはイニシャルが入るのでマイキティにカスタマイズ!

刺しゅうについての詳細はこちらへどうぞ!

Share this...

マイコさんとピンクリボン

現在お客様の絶大なる支持を受けています「美型シルエット」その好調要因の取材を受けました。

ファッションビジネスの厳しさの下、志を同じくしている方たちとの語らいは楽しく、一方で、この状況下だからこそと、広報の大切さをご教示いただき、身の引き締まる思いでした。

今回議題のひとつとして提案させていただいたことは、アメリカのブランドであるランズエンドが日本人女性のために開発した「美型シルエット」に副い、初めて日本人モデルの採用に踏み切ったことです。

そのモデルさんは園田マイコさん

「美型シルエット」を美しく着こなしていただくことが主旨で登場していただいたのですが、実は乳がんを克服された方だったのです。その著書には身をつまされました。

思春期の息子さん、それまではちょっと距離があったのにも関わらず、乳がんのことを伝えると、僕がいるから大丈夫・・と、そのくだりは今思い出しても
涙が出ます。

美しいモデルさんでいながら、抗がん治療で髪が抜け・・闘いぬいたこと・・そのたいへんさを微塵も感じさせない、ふわりとしたナチュラルな美しさでした。

ピンクリボン活動はご存知でしょうか? 
乳がんの早期発見への啓蒙活動にランズエンドも役に立ちたいと・・ピンクリボン刺しゅうを通してサポートさせていただいています。

ピンクとリボン・・女性が好きなもののひとつだと思います。今年は新しくかわいい刺しゅうを開発していますので、ご購入いただくときはぜひ刺しゅうをいれてくださいませね!!

園田マイコさんと!

Share this...

50周年に50本の植樹

今年のアースデー、ランズエンド本社のあるダッジビルでは、50周年記念をお祝いして、最も長い間ランズエンドに勤めている人たち50人(31年から35年勤続の方!)が植樹を行ったそうです。

シカゴからダッジビルに社屋を移したのが35年前の1978年ですから、地域に根付いた企業であることがうかがわれます。

おりしも、「National Forest Foundation(国有林基金)」と組み、ウィスコンシン州、ミシガン州にある国有林に400,000本の苗木を植えることも発表した、ランズエンド50周年の春です。

エドガー社長、ひとりおいて、NFF社長。本社キャンパスにて植樹中です!

Share this...

一年前のこと

昨年の3月11日を思う今日このごろです。

ランズエンドでは、なにができるのだろう・・とグループ全体がひとつになったときでもありました。
アメリカから見たら小さな日本が壊れてしまうのではないかと思ったと・・今でも言われます。

現在も復興支援として、「Beacon of Hope」プロジェクトを続けています。
支援イベントに、ランズエンドの衣料を提供し、その販売にランズエンド社員がボランティアで参加し、売り上げたものを義援金としています。

また、被災地の図書館のための本を集めたり、こどもたちへのプレゼントなど、できることを少しずつ続けています。

一瞬ですべてが変わることの恐ろしさ・・そんなことを昨日のことのように思い出しています。忘れないこと・・それも支援のひとつ。

120309_pr_long.jpg

BEACON OF HOPEはこちら

Share this...

ランズエンドライフ

あけましておめでとうございます。
本年もランズエンドをどうぞよろしくおねがいいたします。

昨年の秋、ランズエンドではEコマースサイトをリニューアル、
その際に、お客さまとのコミュニケーションコンテンツをまとめた
「ランズエンドライフ」が誕生いたしました。

「ランズエンドライフ」には ”Press Diary”・”Twitter”・”Facebook” などがコミュニケーションの統一ということで並んでいますが、”東日本震災復興支援プロジェクト・Beacon of Hope” ではチャリティの報告なども発信しております。

そして、新年よりコンテンツのひとつ、“As Seen in “工事中から解放されました!
広報活動によって、とりあげられた、メディア掲載一覧です。

WEBデザイナーとともに紆余曲折、ようやくたどりついた日本ならではの形式です。
“Press Diary”もそうですが、ランズエンドらしいバナーをとても気にいっている私なのですが・・いかがでしょうか??

120106_pr_01.jpg

コミュニケーション・コンテンツ  ” ランズエンドライフ “
Share this...