エルくんとの長いおつきあい

日本ランズエンドでは、盲導犬総合支援センター(以下盲導犬支援センター)とご縁があり、盲導犬刺しゅうなどでひそやかに!?応援をしてまいりました。

今回、社会貢献のページにあらたに「Go Guide Dogs Project」として、ランズエンドの3つの応援を公開いたしました。

いまでしたら8月限定、ポロシャツにも盲導犬刺しゅうをいれることができます!

180824_pr.jpg

実は9月限定も考えています^ ^

盲導犬支援センターのキャラクターである、エルくんは日本ランズエンド社にやってきたこともありまして!一緒にお茶を飲んだこともあります!

141024_pr_wide1.jpg

その時の様子はこちらから

盲導犬支援センターとの縁はある日突然に私の知人ともつながりまして、その方から「エルくんとは長いおつきあいだったんですねーー」と言われましたー

確かに!

「Go Guide Dogs Project」はこちらから

Share this...

ワークライフバランスは昨日今日に始まったわけじゃないんです!

夏が近づくと「POLO DAY」がやってきます!

社員全員がポロシャツを着ます・・って、そこまでは他社でも催しているそうですが・・ランズエンドはそれだけでは終らないんです!!

チームごとの写真4点まで、動画30秒までの作品提出で、コンテストがありまして・・カタログ、WEBサイトのコンテンツを作っているクリエイターばかりの会社ではないのにも関わらず!みんな、いつ作ったの??と思うくらい、手が込んでいます^ ^

今年は2011年以来のPOLO着用でのアルゴリズム行進の再来もあり・・「POLO PARTY」を楽しみました。

ワークライフバランスと言われて久しいですが、日本ランズエンドは横浜市からグッドバランス賞を連続受賞しています。そのわけは企業文化にあります。流行で始めたわけじゃないんです^ ^
どうぞこちらをご覧くださいませ。(労働新聞より)
(クリックすると画像が拡大します)

131115_pr_wide.jpg
労働新聞 3019号15面(平成27年6月1日付)

ちなみに私参加のチームは社長賞をいただきました!!プレスダイアリーの制作クリエイターが手腕を発揮していますので^ ^

Share this...

プレスプレビューその2

ただいま、オフィスリノベーションのため、引越さながらの荷作りでダンボールと格闘中の身。
PRという職業はダンボールとは切っても切れない関係ではありますが、
それにしても荷物の量が半端なく。。途方に暮れています。。

気を取り直して!
NYでのプレスプレビューのつづきです。
本当に嵐の前のイベントでした。

春といえば・・

ランズエンドは来春50周年を迎えます。
ヨットマンだった創業者のゲリーコマーに敬意を表し、メンズコレクションでは
ヨットからインスパイアされたマニア垂涎!?の商品が揃います!

121116_pr_wide_01.jpg

ヨット関連器具からのアイディアで生まれたポロシャツたち

121116_pr_wide_02.jpg

アメリカ本社の社長、エドガーの写真撮影の背景にもなりました。

Share this...

マンディ・満ちるさん

NY在住のマンディ・満ちるさんがジャパンツアーを行うにあたりまして、なにかコラボレーションできないかしら??と

ランズエンドでは、企業、スクールなどのユニフォームを提供している部署がありまして、
得意の刺しゅうサービスにて、260色の糸を駆使したデザインも提供可能なのです。
そこで・・
マンディさんのロゴをつくりました!

1110715_pr_01.jpg

まじ、むかつく・・のMM! なんて、のたまうマンディさん。
超ナチュラル、すっぴんでの写真撮影気にしない・・の、太っ腹(!?)です。

ステージでも、飾り立てない美しさ・・本来持っているものだけで自然にたゆとう感じで、惹きこまれます。

110715_pr_photo_side.jpg

バンドの方はメッシュポロでお揃いにしました。

Share this...

エミリー ゴーズ トゥー ハカタ

ランズエンドが日本で初めて百貨店にお店を出しました。
博多阪急での父の日イベント 期間限定メンズショップです。

で、取材対応のために、現地に入りました。
え?取材対応だけでなく、セールスパーソンもでしょ?・・・ってみんなが言うのです。
社長のジョージからも、エミリーが入れば売れるでしょ!って・・期待を背負いつつ!?

取材対応の合間にも、ついつい黙っていられなくて(笑)
お客様に近づいてしまいました。
特に販売経験があるわけではないのですが、PRパーソンとしての条件反射でしょうか・・次々と湧いてくるんです・・おすすめが(笑)

もうすぐ父の日
ジョージが「エミリーは入らなくていいのか?」と・・ショップ担当者に真剣に
聞きにきたそうです。さて・・(笑)

110610_pr_photo_side.jpg

ポロシャツの色揃えで圧倒します(笑)

110610_pr_photo_side2.jpg

博多阪急限定BIG モチーフ 全部つけたいというお客様多数!

Share this...

ポロ・パーティ

わたくしにとってのポロシャツは、ゴルフのときに着るもの・・だけの存在でした。

ポロシャツを着て仕事をするような日がくるとは!

ランズエンドのポロシャツはヘリテージで、この春リロンチして・・で、チャリティポロに、節電ビズにも最適と・・
ポロシャツプレゼンテーション三昧の今日この頃です。
そして、今日はポロ・パーティ!

ランズエンド本社主催の世界のランズエンド同士ポロコンペティションがあるのです。

たくさんのポイントをゲットするためのミッションが課せられます。
そこで、ポロを着てアルゴリズム行進してみました!

110526_pr_photo.jpg
ポロデコレーションケーキ 5ポイント!

明日から5週間、Twitterイベントで刺しゅうをいれたポロプレゼントを開催いたします!

Share this...

チャリティポロがいっぱい!!

チャリティポロが大好評です。日本ランズエンド社員もこのチャリティに参加しています。

エミリーがいっぱい!のときのように、購入した人たちで撮影しませんか?と今回はわたくしから呼びかけてみました。

財務部長、マーケティング部長、人事総務部長、商品戦略部長も参加しています。カスタマーサービスチームのノリの良さは最高です!

プレスダイアリーを見て、いい会社ですね~と取材の申し込みもいただき、広報冥利につきます!

110428_pr_photo_side2.jpg

刺しゅう位置は袖が一番人気ですね。

Share this...

1カ月が経ちました・・

3.11と並んでとりあげられることの多い 9.11.ですが、
2001年9月11日、そのときは、パリ郊外のスタジオにおりました。
フランス語がわからない身にとって、映像と理解不可能な活字・・言葉とのバランスの中で不安でいっぱいでした。

その3ヶ月後、NYでのチャリティコンサートに関わることがあり、そのことを通して学ばせていただいたものは計り知れないものでした。

そして今、3月11日から1カ月がたち、すべての人が同じ気持ちになっていることを感じられて・・

今を大切に生きること。
この未曾有の事態に無念にこの世を去られた方もたくさんいらっしゃるなか、
今生かされているそのことを大切にしたいと・・。

チャリティ・ポロたちは社内での募金活動を盛り上げます。
このあとはPR活動で使用したサンプルのセールをいたしまして、
義援金といたします。

Share this...

チャリティポロ

できるのか?できないのか?より・・
今!チャレンジしたい!のか、その時期ではないのか・・で決断をしていく
ことが多いのです。
心臓に悪い。。とボスから言われることもたびたび!?のわたくしですが。

今、この未曾有の事態に企業の責任として、なにを果たすべきか・・
かといって、相応という言葉もあり・・たどりついた答えのひとつが
「チャリティポロ」でした。

ランズエンドのヘリテージポロは1981年に、アメリカで誕生し、その後、1993年に日本でのビジネス展開とともに、ポロもやってきました。
被災された方のなかにも愛好家がいらしたと思います。

メンズ、レディス合わせて全部で70スタイル以上になりますが
「BEACON OF HOPE」の刺繍をいれて社内に展示し、Face bookにも全部載せられるように、写真撮影を決行いたします。

たくさんの「BEACON OF HOPE(希望のあかり)」が灯りますように・・。

110404_charity.jpg
1枚目は袖に入れてみました!

Share this...

ポロシャツと遠山周平さん

暑い日が続きますがわたくしは、夏が大好き!!!です。
太陽大好き!日焼け大好き!

それでも以前と比べると控えめ(!?)になりましたのでちょっとご無沙汰の方とお会いしますと
「白くなりましたねぇーーー」と必ず言われます。

夏の匂い・・花火、蚊取り線香、西瓜、夕立、浴衣・・すべてが好き・・
夏の終わりを少しでも感じると切ない気持ちになります。

夏といえばポロシャツ、ポロシャツといえばランズエンド!

そうおしえていただいたのは、服飾評論家、遠山周平さんの著書「洒脱自在」からでした。

初めてお会いしたのもポロシャツの撮影にて。遠山さんのお目にかなったものはポロシャツのほかに、全部を買い占めたいと言っていただいた”LANDS’ END CANVAS”も。

雑誌ノジュールでの遠山さんの記事はこちら

遠山さんの装いはカジュアルでもスーツ姿でも意外性!があって、素敵なだけではなく楽しいのです。アクセサリーにキラキラものもあったりで、思わずかわいいっ!!と言わせていただく失礼をお許しくださいませ(笑)

100810pr_photo.jpg
遠山周平さん

Share this...