日本上陸25周年 プレスプレビューその1

ランズエンドが日本で営業を始めて、25周年をむかえました。
このたびの秋冬のプレスプレビューはアメリカブランドを意識して7月4日のインディペンデンスデーに行いました。

25周年記念商品を発表しましたがメンズ、レディスともに、アウター。
メンズはジャケット、レディスはカシミヤも記念商品のものがあります。
 

そしてアニバーサリーラベルとハングタグが付きます。

となんだかリリース的な紹介ですが

とても喜ばれたのはギフトとして用意したロゴ入りのどら焼き。
特にメンズの方たちから!

 
ハンバーガーにもロゴ入りフラッグをたててみました。

 
社長のローガンも登場。360エクストリームシャツがお気に入り。
私のトップスは大人気パーフェクトTのフレンチスリーブ、スカートは秋冬登場のものです。

プレスプレビューの様子は繊研新聞、電子版でご覧いただけます。

Share this...

コーディネート提案でトレンドコラムデビューしました!

社内で制作するコンテンツミーティングがあります。
その際、プレスダイアリーに掲載してほしいものは?と聞くとコーディネート!といわれることが多いのですが‥‥

ついに、「Hint Pot」(今を生きる女性たちが、ちょっと前向きな気持ちになれる、そんなきっかけ作りの場に、という編集長の思いで作られたWEBマガジン)で、トレンドページのコラム担当者として、コーディネート提案がポストされました。

私はスタイリストではなく、PRなので、リアルな毎日を過ごすためのTipsをリアルに伝えられたらいいなあと思ってお受けしました。

第1回はスタイリストさんでもむずかしいといわれているツィードのセットアップで。。
トップスとボトムスそれぞれにすべてランズエンドのものだけを合わせてみました。

写真は編集の方が撮影してくださっていますが、着用者はプレスダイアリー方式!?で自給自足です^ ^
 

カーディガンはアクセサリーというフレーズが好きです!
いつもそう思って巻いているので!!

「Hint pot」の記事はこちらから

Share this...

今年もランズエンドとプレスダイアリーをご訪問いただき、ありがとうございました!!

クリスマスが終わりました。

どんなものをさしあげたら喜んでいただけるか・・考えるのも楽しいですがサイズのあるものをさしあげて、ぴったりだったといわれるのは広報冥利といいますか、洋服の仕事をしていて培ったものだと嬉しくなります。
 

先日のプレス展にて服飾評論家の遠山周平さんにジャケットの説明をさせていただいている場面ですね。

「Byron」ではメンズ・フィッティングイベントにいらしてくださった際のことを掲載してくださいました。
 

今年も商品広報だけではなく企業広報として、アメリカ本社やビジターのインタビューも満載でした。

チェアマンのジョセフィンが来社されました。とっても気さくな方!
 

クリエイティブのマットとジョナサン(向かって左から)
 
今年もランズエンドを、そしてプレスダイアリーをご訪問いただきありがとうございました。来年は25周年をむかえる日本ランズエンドを引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Share this...

新年にクリスマスストッキングをおすすめするわけ!?

あけましておめでとうございます。
穏やかな新年をおむかえのことと存じます。

180112_pr.jpg

ランズエンドでは、4日から始業、セールも始まりました!!

ということで、恒例の!コールセンターでのお客様からの電話に応援部隊として、参加させていただきました。本当に応援になっているかどうかは、相変わらずでして。。

二人羽織をお願いできたら!!と思う気持ちも変わっておりません(苦笑
しかしながら、お客さまと話ができるのはとても楽しく、見えないお客さまに見えない商品の説明をすることはPRの仕事にはないものですので、勉強になりますーー!

さて、セールといえば、私の場合、コーディネートに大切なスパイスになる小物、アクセサリーをみつけるのが好きです。

あとは、オケージョンものですね、ランズエンドではクリスマスストッキングをぜひに!!毎年、柄が変りますので、ずっと買い足してくださる方も多いもの!お客さまのコメントにも絶賛が並びます。

お正月にクリスマスストッキングをおすすめするのもなんですが・・
奇しくも、中村江里子さんの寄稿「フランスの暮らしは想像以上に大変」でなつかしい、靴下たちが掲載されていまして、やっぱり時が経ってもいいものはいいなあと思った次第なのです!!

クリスマスストッキングのページはこちらから

Share this...

2017 Holiday Collection その後

先日の展示会にいらしてくださった方々から嬉しい反響をいただいています。

ご家族で愛用しているブランドと紹介してくださった、モデルの前田ゆかさん。

以前には、ご家族全員分のイニシャルを入れたタオルセットをオーダーしてくださったこともありました。ランズエンドの素材の良さと機能性を伝えてくださっている方のおひとりでもあります。

ビューティに、スポーツに、そして、お料理にも精通していらっしゃる、ゆかさんの日常に寄り添わせていただいています!!早速ブログにもあげてくださいました!!

170929_pr_1.jpg

ゆかさんスマイルに癒されます~♡
こちらはOggi編集部公式アカウントから 先日はOggi,jpでスーピマカーディガンのコーディネートをとりあげてくださいました。

Share this...

ランズエンドキッズ バイ 芦田愛菜ちゃん

梅雨を目前に気持ちの良い6月に入りましたね!

今日のオンエア予定、NTV「究極のクイズSHOW! 超門!真実か?ウソか?」で、芦田真菜ちゃんがランズエンド・キッズのワンピースとカーディガンで登場します!

番組の宣伝を見た方から声をかけられます。
ランズエンドのワンピースですよね!って!
WEBでも紹介されていました!!

愛菜ちゃんの品のよさで、ワンピースが引き立ち、うれしい限りです!
これからオンエア予定の番組もありますので、順次お知らせいたします!
なので!プレスダイアリーも見逃さないでくださいね^ ^

Share this...

メンズのデザイナーと!

アメリカ本社から、メンズのデザイナーのトップが来日するにあたり、ご一緒しました。

161125_pr_2.jpg

彼の名前はJ(ジェイ)、以前、このブログでも紹介したことがありますが、「TAKE IVY」の大ファン、日本のマーケットトレンドに対してのリスペクトを感じられるひとりでもあります。

ランズエンドに入社して17年。娘が生まれてすぐに、NYから、環境の良いウィスコンシンにあるランズエンド社に移ったため、娘の年齢とランズエンド社歴は同じなのだそうです。

とてもやさしく、穏やかな方ですが、商品を手に取るさま、その真剣さには圧倒されました。

今季大好評のメンズジャケットに使われていた、ムーンの生地はまさにJの選定、そしておメガネにかなったものたちです。

そのムーンのジャケットを高く評価してくださったおひとり、服飾評論家の遠山周平さんが「Byron」にご執筆くださいました。

“今はブランドや価格に惑わされずに、好きな生地でしっかりした作りの服であれば、自分のスタイルとして取り入れたほうが格好イイという時代である”と!

遠山周平さんの記事はこちら

161125_pr_1.jpg

J (ジェイ) の特別インタビューが「X-ing Gate」に登場予定です。

※「X-ing Gate」は立体Xシャツのユーザー会員限定クラブ、ご登録はこちらから!

Share this...

10周年同士

立体Xシャツとともに過ごしてきた私!ともに10周年を迎えました。

今でも、「サイズ直して着てきたよね~」とメンズファッション誌編集の方に懐かしがられますが10年前にランズエンドの広報として着任した際、目の前に置かれたのがメンズのドレスシャツ、「立体Xシャツ」でした。

実にメンズのPR は初めてといっても過言ではなく、いろいろチャレンジしてみました。
そのひとつがメンズのドレスシャツを実際体験することでしたが、リサイズしてもパターンが変らないようにしていただいたので、腕をあげても裾がついてこない!その驚きは今も忘れません。

その実感をメンズの編集者の方々と共有できた女性は私だけだと思います^ ^

メディアの方ばかりではなく、お客様の声にも励まされました!
「立体Xシャツを着ると、ほかのドレスシャツは着られなくなる!」
「2万円のドレスシャツにも勝る」といった力強いコメントも数多くいただく毎日です!
             
立体Xシャツ誕生10周年、「X-ing gate」3周年という春に10年前を知る、メンズクラブのデジタルエディターの方にご協力をいただきました。

「立体Xシャツ10周年特集」はこちらから

160304_pr.jpg

メンズクラブWEBサイト「メンズプラス」エディターの小川さんをインタビューした日に!

160304_pr_2.jpg

10周年記念、日本限定の立体Xシャツビズドライです!!

Share this...

広島が熱い!のは、カープに黒田選手が戻ってきたからだけではないらしい

ただいま、メンズのドレスシャツ “世界の厳選素材を集めての絶賛デビュー!” にランズエンドのブランド観を伝えられるようにと励んでいます。

なにしろ、アメリカで撮影をするサンプルしかない!まさに世界で1着のサンプルたちをめぐり、本社の撮影部隊も巻き込んでの協力体制をいただき、日本でのプレゼンと撮影を終え、すぐさまアメリカ行きFEDEXに乗せたところなんです!

いつもながらのぎりぎりの状態でスケジューリングしていますと、ハイ状態のためか!?ウケをねらうわけでもないのですがちょっと芸人の域に入っていくようで、拍手もいただいたりする昨今でした^ ^

世界の厳選素材のなかにはイタリアのアルビニ、アイルランドのベアードマクナット、イギリスのリバティ・・などと、素材の王様たちが綺羅星のごとく!
コラボラベルがまたかわいくて、撮影イメージがきらきら降ってくるので、言葉だけではなく、身振り手振りも入るわけです^ ^

実は厳選素材のなかにはインディゴ染めの素材がありまして、それは日本のものが選ばれているのですが広島産なのです!!
アメリカのデザイナーのインディゴに対するリスペクトは私たち日本人が思っている以上のものがあるのですね!

で、熱く語りましたところ、とある編集部で、今は広島が熱い!!ということになりまして、それは、カープとサンフレッチェ、そして、ランズエンドが選んだインディゴ染め「スリールームス」ということになった次第です。

正直、野球もサッカーもよくわかりませんが、このネタはいただきました!!

150410_pr_wide2.jpg

メンズクラブの編集の方が、ポストしてくださいました!

Men’s Club online ” Men’s PLUS ” はこちらからご覧いただけます。

150410_pr_wide1.jpg

コラボラベルが肝だと思ったので!
Gainer 5月号(本日発売)では巻頭ページ(” Gain of MAY “)に登場しています!!

Share this...

Chocolat つながり

中村江里子さんが、パリ発のWEB マガジン「Chocolatmag」でランズエンド・トートと刺しゅうについてご紹介くださっています。

江里子さんがランズエンド・トートをお気に入りにしてくださっていることが知れわたっているためか、お手入れ方法についての質問まであるのだそうです!

ママバッグとしての可能性を引き出してくださったといっても過言ではない、江里子さん。変らずのご支援!!をいただけて、トートに代ってお礼を申し上げたいです^^

Chocolat つながりでもうひとつ、アメリカのアカデミー賞においてメディアや受賞者へのギフトとして4年連続で選ばれたという、スペシャリティチョコレートブランド「Chocolatines」、グラミー賞、カンヌ映画祭などでも公式ギフトとされたそうです。
その「Chocolatines」が日本上陸、スタッフの方のユニフォームである、白シャツはランズエンドのものなのです!

お揃いのシャツ着用を見にいくのも楽しみな、ホワイトデー前です^^

130301_pr_long.jpg

Share this...