アメリカ本社から

アメリカ ランズエンド社 上級副社長、最高商品戦略責任者 兼 国際ビジネス部門責任者

と日本語にするとかなり長い肩書のジルが来日しました。

イギリスで育ち、90年代後半からアメリカで仕事を続けているとのことで、ランズエンドの前もアメリカ企業で仕事をしています。何度も来日しているとのことでしたが、東京以外に旅をしたことがないとも。

滞在中に取材も受けていただきました。
今週の繊研新聞の1面トップ記事になりましたので、もしや、ご覧いただけた方もいるとうれしいです。

アメリカでの店舗展開をECモールと共同でのばしていくといった方向性について語りました。ちょうど、シカゴ近郊、キルディアで、そして、ボストンでも店舗をオープンしたところです。

180525_pr_1.jpg

180525_pr_2.jpg

上がキルディア店、下がバーリントン店です。

180525_pr_3.jpg

連休明け、とても寒い取材日でしたので、ふたりとも冬の様相です。。

Share this...

簡単でおすすめ!ストールの巻き方伝授いたします!

先日、産経新聞の取材を受けました。

この春のストールのトレンドとともに、巻き方指南を・・ということでランズエンドのストールを何枚か使用しまして、紹介いたしました!

180427_pr.jpg

* 転載許諾済みです。

そうです。
成り行きでモデル!?もつとめることに。。
えーっということになると、カメラマンの方は鈴木京香さんを撮影したばかり・・とか!
いえいえ、そういう問題ではないのですが(笑

この春は適当な感じがいいのだそうです!!きっちり折らないで無造作な感じで巻いてくださいね!!

こちらのスカーフ、ストライプですよね?
でも新聞用語というのがありまして、
ストライプは縦縞、ボーダーは横縞なんですってーーー!!!

Share this...

ワークライフバランスは昨日今日に始まったわけじゃないんです!

夏が近づくと「POLO DAY」がやってきます!

社員全員がポロシャツを着ます・・って、そこまでは他社でも催しているそうですが・・ランズエンドはそれだけでは終らないんです!!

チームごとの写真4点まで、動画30秒までの作品提出で、コンテストがありまして・・カタログ、WEBサイトのコンテンツを作っているクリエイターばかりの会社ではないのにも関わらず!みんな、いつ作ったの??と思うくらい、手が込んでいます^ ^

今年は2011年以来のPOLO着用でのアルゴリズム行進の再来もあり・・「POLO PARTY」を楽しみました。

ワークライフバランスと言われて久しいですが、日本ランズエンドは横浜市からグッドバランス賞を連続受賞しています。そのわけは企業文化にあります。流行で始めたわけじゃないんです^ ^
どうぞこちらをご覧くださいませ。(労働新聞より)
(クリックすると画像が拡大します)

131115_pr_wide.jpg
労働新聞 3019号15面(平成27年6月1日付)

ちなみに私参加のチームは社長賞をいただきました!!プレスダイアリーの制作クリエイターが手腕を発揮していますので^ ^

Share this...

主役になるとき

最近、アナウンサーの方たちが、シャツブラウスだけで登場することが多くなったと感じています。

少し前でしたら、必ずその上にジャケットをはおっていたと思うのですが。女性が仕事服として、なにを選ぶか・・というと、圧倒的にジャケットとスカート、あるいはパンツを合わせることが多く・・それに続いて、私のようにワンピースとはおりもの・・的なところが定番だと思っていましたが・・

シャツが主役になる、ハレになることが普通の気分になってきたのですね!

そんなとき・・「役員会議にも着られるシャツ!」と出版社の女性取締役の方が、”美型シルエット”のシャツブラウスについて評してくださいました!

美しく襟を立てたシャツブラウスにパールのネックレスを合わせて・・デコルテが美しいと、3つボタンをはずしてもすてきですが・・そこはちょっと大人の女性限定ということにしておきましょう^^

広報のくせに・・といわれそうですが、自分が露出している掲載の情報シェアはひかえめになってしまいまして。。稲辺社長露出の際にはどんどん公開しましょう!といっておきながらすみませんっ

でも「美型シルエット」についてしっかりとご取材いただけた、この記事はぜひお読みいただきたいので!!

131115_pr_wide.jpg

(クリックすると画像が拡大します)
< 繊研新聞 10/18 商品面掲載 >

Share this...

マイスタイル

自分スタイルの変遷について聞かれることがあります。

いまでもいわれるのが
ピンクのスーツにピンクのパンプス!と・・いつもスーツとパンプスの色が同じだったと・・・
イタリアのブランドの広報時代でした。
派手な時期・・というより、時代でしたね・・
服だけではなく、顔もヘアスタイルも超派手でした(笑)

その後、パンツスーツのみのときがあり、今でも宝塚の印象をもたれているのはそのころの印象が強いようです。

ランズエンドではリアルボディ・フィットとの出会い!ランズエンドをずっと昔から愛用している編集の方から、ランズエンドが変わったことが一目瞭然!と言っていただき、コラボレーションにもなりました。

※日本経済新聞にて掲載されました。

そして!!”ランズエンド キャンバス”!
デザイン、コンパクトなフィットとともにエミリー(ランズエンドキャンバス)が大好き!!今のマイスタイルです。

※読売新聞にて秋冬のランズエンドキャンバスが紹介されました。

Share this...

コラボレーション

ランズエンドでは他社との協力体制において、ランズエンド以外でもお買い物ができるところがいくつかあります。

「エクラ」(集英社刊)とのコラボレーションは昨年より始まりエクラプレミアムではこの春夏もワンピース、レインブーツ、レインパンプスの紹介と販売を行っています。

また、渋谷の東急文化村のなかの「ル・シネマ」ではランズエンドのキャンバストートやTシャツなどに上映作品の刺しゅうを入れた映画グッズが展開されているコーナーがあります。ロビーに「LANDS’END」のロゴが燦然と輝く!棚があるのがちょっと不思議ですてき!!

今は「Cafe de los MAESTROS」の刺しゅう入りが展開されています。

そして「シルバニアファミリー」というキャラクターとのコラボレーションも。
刺しゅうサービスで紹介したことが縁でランズエンドのガールズのお洋服に刺しゅうをいれたものがシルバニアファミリーショップでデビューすることになりました。
ピンクのトートがお気に入り(笑)

*7月14日付「日本経済新聞」企業面にてシルバニアとのコラボレーションについて掲載されました。

Share this...

リボンが決め手!

ランズエンドが得意の機能性に、デザインとで、今一番の売れ筋!花粉ガードアウターの取材が続いています。
春を心待ちにするのは自然界も同様で花粉症の方には厳しい季節でもありますが
1枚のコートで、楽しむことができたら・・と提案しています。

カタログとはちがって、わたくしはこのコートの特徴である、長いベルトを大きなリボンにするのです。
とてもエレガントになると思いませんか?(写真左)
襟にスカーフを通すと・・またリボンにしてみました。(写真右)
このときはベルトをはずします。下にベルトつきのワンピースを着たときなど、ベルトが重なると着膨れしますので、ベルトなしコートにするのもひとつの案です。

PRチームにはリボン結びの達人がいますので、リボン好きなわたくしの強い味方なのです!

<2月16日 産経新聞>

「花粉シーズン到来 対策グッズが華やかに ファッション性アップ」にて紹介されました。
紹介記事はこちら(別ウィンドウが開きます)

 
100217_pr_photo1.jpg   100217_pr_photo2.jpg

Share this...