コロナ禍でも猛暑下でもがんばっています!

日本ランズエンドではリモートワークが続いています。
そうは言ってもすべてがリモートで行えるわけではないので、秋冬のキックオフには工夫を重ねてチャレンジ中です。

お会いできる方には感染対策をして、秋冬を紹介しています。

ムービーを撮ってみようとスタイリストの福田さんをお誘いしました。
最初はフェイスシールドを使ってみましたが・・。
ただいまエディティング中です。

今年はスイムウェアの登場もありましたが、残念ながら。。の今があります。
でも、リゾートだけでなく使えます!
それをご提案くださったのが、ファッションジャーナリストの宮田理江さん。

“部屋着やワンマイルウェアとしても使える!「LANDS’END」のタンキニ”
と、All About イチオシでご紹介いただきました。

宮田理江さんと。展示会を開くことができたあのころ。

Share this...

リモートワークでわかったこと

ランズエンドから天然繊維100%の布マスクを出しています。
早速、SAKURAさんがVOGUEで掲載してくださいました
マスクに刺しゅうっていいですね!SAKURAさんのお手製です!

 
さて、日本ランズエンドではリモートワークがメインですが、
今は、「Return to Office Plan」に沿ってリモートでできることと、そうでないことを探りつつ過ごしています。
私の場合、秋冬のサンプルが待っていますので、今のコーディネートはリモートワークスタイルと作業スタイルの日々です。

リネンシャツとコットンジャージスカートはリモート会議に。トップスに襟があるときちんと感が出ますね。

作業スタイルはパーフェクトT、今季新色で。
あれっスカートは見たことあるような?
はい、昨シーズンのものですが、ワントーンにできました!

 

秋冬の社内向け商品説明会はリモートで行われました。

緊急事態宣言解除後、初めてお会いする新聞記者の方には企業説明を行うのですが、いまいちだな。。と思う自分がいて(笑
これこそ、リモートで鈍ってしまったように思って焦ります。
リモートのミーティングで話すことはあっても、圧倒的に、声を出す、張ることがなくなっているためです。
しかも、リモートで座って話すだけ‥ということが本当に苦手なことがいまさらながらわかりました次第です。。

Share this...

これからのファッション業界と通販だからこそ!について思うこと

Facebookでは過去の思い出があがってきますが1年は早いものです。
去年の今ごろはゴルフ練習場で撮影をしておりましたね。

そして、今季もゴルフダイジェストとのコラボレーションが実現に至りました。前年に引き続き、爆発的に!売れています。

イーグルの刺しゅうが新たに開発されました。

ゴルフでは前身より後ろ身のほうが注目されるということを学ばせていただき、刺しゅうはバックポケットに入っています。
PLUNK! は、ゴルフボールがコロコロ転がってポロンと落ちるさまを表しています。

今週のショールームでは父の日にむけてポロシャツディスプレイを展開しています。

例年ですと、秋冬のキックオフを終えているところですが。。
これからのファッション業界はどのようになっていくのでしょうか・・

直接触れて確かめられること、それを避けてなお、訴求できるようにするには・・と秋冬のプレスプレビューについて考えています。

通販だからできること、手に取らずともお買い物をしていただける工夫をしてきたランズエンドの工夫、知恵を生かしていきたいと・・思いつつ、まだまだサンプルの山は続きます。

Share this...

洋服に関わるビジネスをしている者として、今できること

スタイリストの福田栄華さんから最新の著書が届きました。

「少しでも楽しい時間を過ごしていただけたら・・」と著書に添えられた一筆をみて
これだわっ!!と、ぱあっと明るい気持ちが湧いてきました。

洋服に関わるビジネスをしている者として、今できること・・大それたことを考えていたわけではないのですが・・
福田さんと洋服の話をするのがとても楽しかったことが蘇ります!

コーディネートを考えることを楽しむこと、新たなショッピングを妄想すること!
発信して喜んでいただけるようなことを探すこと!!
そのときを思ってわくわく感をキープすること!をがんばります!

福田さんの著書にもとりあげていただきましたが、コンプレッションデニムが先シーズンに引き続き好評です。おなか引き締めにプラス、サステナブル素材を使用しています。

コーディネート中の福田さんと3年前!
ヘアードネーション後で髪の毛短いな、私。

Share this...

陽春の候

今週のショールームディスプレイはまさに、今着られる春色セーターと
大人気のコンプレッション(おなか引き締め!)&エコ素材使用のデニムで。

 
春色デビューといえば、オスカー女優のリース・ウィザースプーンとのコラボで展開するトートがあります!
「Draper James (ドレイパー・ジェイムス)」というブランド名で、アメリカ本社ではスイムウェアも展開します。

 
この春新登場のオールランズエンドコーディネートを少し。
今年の春はグリーンがきているみたいです!

左から
スーピマツインニットの春色グリーンに、チノスカートは新しいデザインのグリーン系カラーで。
デニムジャケットは今年らしいノーカラー、サイズは大きめを着ています。
中央
五分袖スーピマとプリーツスカートの新色で。スカーフでクラシックにしてみました。

今年らしいバンドカラーのリネンチュニック、ボトムスはエコデニム
マグノリア柄のトートが映えるように白のワントーンコーディネートで。

Share this...

立春の候

ランズエンドは2月から新しい年、(Fiscal year)が始まります。
あらたな気持ちで社員一同2020年度にのぞみましょう!と。
また、昨年25周年をむかえた日本ランズエンドでは、勤続25年の者が5人!をはじめとして、20年、15年、10年と、アワードが授与されました。

20年勤続のアワードをローガンから受けた、IT部門スペシャリスト。
本当に嬉しそう!!

春の話のあとになんですが、冬物のセールについて「失敗しないセールのこつを教える人」(笑)ということでファッションコラムにて紹介する機会をいただきました。

Yahooニュースにも入りました。

ランズエンドファンでいらっしゃれば!天然繊維100%、シルクやフランネルのスリープウェアは絶対チェックされると思いますが、小物もお忘れなく!
あと次のクリスマスのためにクリスマス・ストッキングをいまのうちに確保しておいてください!!

と、どの季節にいるのか相変わらずわからなくなる商売です(笑
もう、次の冬物のPRサンプルも届き始めた、立春の候です。

Share this...

サステナビリティ・コミッティから始まりました。

あけましておめでとうございます。

2020年が始まりました。今年もランズエンドをよろしくおねがいいたします。

ファッション業界ではサステナビリティ、サステイナブルといったワードを毎日のように目にするようになっています。それだけ、まだまだ新しいニュースということなのだと思います。ランズエンドでは製品にエコ素材を使用しているものも増えてきたこの春夏です。

日本ではホームページトップで社会貢献活動として報告をいれています。
広報ブログ(プレスダイアリー)とともに広報である私はそのコンテンツの推進者でもあります。
現在では社内にサステナビリティ・コミッティと呼ばれるメンバーがおりまして身近にできることから‥‥で、提案から実施までこつこつと行っています。
先年12月からはコーヒーメーカーが提供してくださっていたプラカップをやめたところです。

このあと、植樹活動に寄付ができるというリレーマラソンに、社長のローガンをはじめとして日本ランズエンドから参加しますので、また活動報告を続けたいと思います。

Share this...

今年最後の投稿はプレスプレビューのつづきです。

紅葉と同様に!?春夏のプレスプレビューの紹介も例年より遅くなってしまいました。。
今年もプレスダイアリーを読んでくださりありがとうございました。
気が付けば、11年目を迎えておりました!

ちょうど社長のローガンが登場した際に、ファインボーイズの編集長の方がいらしていたので一緒に。
ローガンは毎日着用しているといっても過言でないほどのお気に入りエクストリームシャツ、そして、ジャケットもエクストリームから。
私は新作のチノスカートにスーピマ100%ボーダー(白地に白のボーダー)のテクスチャーセーターと春色ファインゲージカーディガンです。

春夏のフレッシュカラーと機能性に富んだカジュアルディスプレイ群です。

ランズエンド本社とローイングブレザーズとのコラボでできあがったラグジャ、ボストンバッグ。エントランスボードにも使用したトップの画像のトレーラーはボストンバッグからうまれたアイディアです。アメリカでは実際に走っています。いつか日本にやってくるかも!?

クリスマスは終わりましたがどうぞ!エアーギフトです!
来年もランズエンドをどうぞよろしくお願いいたします。

Share this...

2020 春夏プレスプレビュー

春夏の展示会を12月に行うのは初めてのことで、遅いかな・・と思いつつ蓋をあけると、他ブランドの展示会ラッシュと重なっていまして
朝1番から夜まで、駆け込みでいらしてくださる方も多く、お時間をうかがいながらご紹介を巻いたり、延ばしたり。
楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回はサステナビリティやナチュラル・・というワードを意識してグリーンで満載にしました。
ルックは春夏のイメージのひとつ、サンタフェでシューティングが行われていることもあり、カクタス(サボテン)のアップリケ付きのバッグやタイダイのドレス。
メンズのキャンプシャツはボタニカルジャカード織。ボトムスはボードショーツです。

トートもボタニカル柄が多いです。今回、刺しゅうはアパレルに入れて紹介しました。
富士山の刺しゅう、これからデビューのぷっくりイニシャル刺しゅうが人気でした。

アメリカでは大きなビジネスとなっているスイムウェアを日本でも初展開です。
機能性満載のアスレジャーウェアですよ。

これからハワイでお仕事という直前に、スイムウェアをみたくて!と、お立ち寄りくださった橋本ワコさん。
「来てよかった!」とうれしい言葉を残してくださいました。

1番人気は今回も、どら焼き。ただのどら焼きではなく、栗どらですー!

Share this...

カスタマーサービスウィークにピンクリボンデー
Customer Service Week and Pink Ribbon Day

10月というとハロウイン一色になる昨今ですが、ランズエンドにはカスタマーサービスウィークがやってきます。
カスタマーサービスウィークとは、1992年、アメリカでブッシュ大統領がカスタマーサービスをする方たちに感謝することを目的に宣言された活動です。
While cities in Japan are enveloped with Halloween decorations in October, Lands’ End celebrates Customer Service Week (CSW).
CSW is an activity started in 1992 when former US president J.H.W.Bush announced the 2nd week in October as a time to appreciate all the people engaged in customer service.

日本ランズエンドではさまざまな活動のなかに「ピンクリボンデー」を設けました。
ピンクリボン月間ではありますが、1日だけピンクの洋服、アクサセリーをつけて過ごします。
Among many activities LE held during CSW, one of them was “Pink Ribbon Day”.
October is the Pink Ribbon Month but we set a day when people wore pink clothes or accessories to work.

ローガンの胸ポケットには本当のピンクのリボンがついています。(人事部長の手作り!)
ピンクのボックスには書籍が。日本対ガン協会へ読み終わった本の寄付をします。
Logan was wearing a pink ribbon on his chest pocket (hand-made by HR director!)
Inside the pink box are books from our staffs to donate to Japan Cancer Society.

Trick or Treatを強要する!?ローガン。やはりブロンドヘアが似合います^ ^
Looks like Logan is forcing people to Trick or Treat! I was right, blonde hair looks good on him!

毎年恒例、マネージャーからのスイーツサービス。今年はタピオカドリンクです。
Managers serve sweet treats to customer service representatives every year and boba tea was provided this year.

Share this...