暑気払いとワークライフバランス
Beating the Summer Heat and Work Life Balance

残暑お見舞い申し上げます。
Late summer greeting to everyone.

この時期のあいさつは暑いですね~しか出てこないですよね。。
At this time of the year, the only word comes out of our mouth for greeting is “hot” under the scorching heat…

さて、そのようなときは「暑気払い」です。
ローガンがアイスクリームとトッピングでねぎらってくれました。
But now is the time we need to do something to beat the summer heat.
Logan served each of us an ice cream to praise us for the July performance!

トッピングって日本語でなんというのかと聞かれたので
「かけるもの」って教えてしまいましたが合っていますよね!?
He asked me “What is topping in Japanese?” so I answered “Kakerumono” but wonder if it was a right way of saying it…was it correct?

さて、次の日、「J WAVE TOKYO MORNING RADIO」 の取材をお受けいたしました。なにに驚いたかというと、収録用のマイクなのです。
The next day, I took an interview by “J WAVE TOKYO MORNING RADIO”.
What surprised me was the microphone for the recording.

私の前にある、脚のついたレコーダー?
スタジオの大きなマイクでの収録とは隔世の感があります。
とはいえ、スタジオですと昔ながらの大きさのものなのだそうですが。
The small device in front of me is the recorder with legs.
Looking at it makes feel that the time has changed a lot..we used to see large microphones standing in front of us. But anyway they told me that traditional large ones are still used for the recordings in the studios.

ワークライフバランスについて、日本ランズエンドの活動を語らせていただきました。
きちんと受け答えを考えておりました・・しかしながらかなり脱線したと思います。。ディレクターの方も笑いをこらえていましたし・・
来週月曜日から木曜日の朝にオンエアとのことです。ああっ
I shared Japan Lands’ End activities for Work Life Balance.
I was well prepared for the interview but I must say I was off the topic many times…the director was trying to stifle his laughter.
My interview will be on air on Monday through Thursday morning next week.

Share this...

ファミリーデー 2019は夏祭り!!

最初に洋服づくりのパターンを切り出すプロッターの見学から。

今年のファミリーデーのテーマは
「にっぽんの夏祭り ~日本の伝統と夏を満喫!~」
ということで、お神輿づくりから。

そして、狭い社内ではありますが、法被を着て練り歩きます。

終了後は縁日で

かき氷のお店には社長のローガンと息子も登場です。

射的や輪投げ、金魚すくいではなく・・おもちゃすくい、などなど。

私はといえば、撮影のあとは、社内で追いかけっこ・・にて、体力使い果たしましたー。

Share this...

ウィスコンシンつながり プレスプレビューその2

今回のプレスプレビューでは25周年のほかにいくつかストーリーをつくりました。

バイクアパレルといった機能性に着目したところで、なにかプロップとなるものをと・・モノ雑誌の編集長の方に今のバイク事情をうかがってみました。
話しているうちに、以前スポーツの広報でもあった私は、当時のブランドやどこどこの社長さんはマイケル・ジャクソンという名前だった・・などと思い出すわけです。
相変わらずネタもってるねーとかいわれるのですが、本当のことです。

というわけで、本題ですが、アメリカのブランドだと「TREK(トレック)」だね!とのこと。調べると、なんとウィスコンシンに本社が!
ランズエンド本社とそんなに離れていないこともわかりまして、さっそくトレック・ジャパンの方にお願いして、プロップと呼ぶのにはおそれ多いバイクをお借りすることができました次第です。

奇しくも社長のローガンもトレックのバイクを購入したばかりとのことで、ウィスコンシンつながりで。

 
もうひとつはラグビーの世界です。
ランズエンドはアメリカナショナルチームのユニフォームを提供していたこともあります。その際のユニフォーム姿を背ラベルにしているラグビージャージーをメンズ・レディスともに展開します。

こちらはカンタベリージャパンからラグビーボールをお借りして、ラグビー刺しゅうとともにディスプレイしてみました。

メンズのジャーナリストの方々に圧倒的な人気で、「ラグジャ」と呼ぶのだということも教わりました!

TBSドラマ「ノーサイド」が始まったところですが、ラグビーチーム監督役の大谷亮平さんがランズエンドをいくつか着用してくださっています。
残念ながらラグジャは着ていないのですが。

Share this...

日本上陸25周年 プレスプレビューその1

ランズエンドが日本で営業を始めて、25周年をむかえました。
このたびの秋冬のプレスプレビューはアメリカブランドを意識して7月4日のインディペンデンスデーに行いました。

25周年記念商品を発表しましたがメンズ、レディスともに、アウター。
メンズはジャケット、レディスはカシミヤも記念商品のものがあります。
 

そしてアニバーサリーラベルとハングタグが付きます。

となんだかリリース的な紹介ですが

とても喜ばれたのはギフトとして用意したロゴ入りのどら焼き。
特にメンズの方たちから!

 
ハンバーガーにもロゴ入りフラッグをたててみました。

 
社長のローガンも登場。360エクストリームシャツがお気に入り。
私のトップスは大人気パーフェクトTのフレンチスリーブ、スカートは秋冬登場のものです。

プレスプレビューの様子は繊研新聞、電子版でご覧いただけます。

Share this...

ゴルフ練習場にてのお仕事

大雨の次の日の撮影。
初夏の空気を思い切り感じています。

ゴルフ用ボトムスである、ゴルフバーサが爆発的に売れています。
「ゴルフダイジェスト」のコラボリアン(ゴルフバーサのバックポケットに限定刺しゅう入り)でも完売になったそうです!という撮影ではなく‥‥

別件、ゴルフ練習場には実証!?のために、来ています。
ゴルフウェアはポロシャツと相場は決まっていますが、果たして「360・エクストリームシャツ」の機能性がゴルフに合うのではないだろうか‥‥

実際に着用していただき、静止画、動画とおさえていきます。

さて、答えは
ランズエンド・メンズの会員限定クラブ「Xing Gate(クロッシング・ゲート)」会員限定特別ニュースレターにて明かされます。
(ぜひご登録を!!5月末に配信予定です)

この日も着ていますが、この夏ずっと着られるコットン・ポプリンのセットアップが重宝しています。

モデルさんはタックアウトしていますが‥‥

私はタックインしてからベルトをしてみました。
こちらはLサイズを着用してスカート丈長めにしています。
これでスニーカーも合う丈になりますよ!!

トップスはこちら
スカートはこちら

Share this...

平成の終わりと令和の始まりに

外資で仕事をしていると、西暦だけなので、平成何年?という話題には本当に疎い私でした。。
GW10日間突入を前にばたばたしているうちに、平成最後から令和の‥‥というキーワードが増えてきたことで、ようやくと追いついている感じです。

季節の移り変りは洋服の移り変りでもあります。
食べ物に旬があるように、洋服でも旬を感じていきたいと令和に向けて思うのであります。

と思う先から、暑いっ!今日はサンダルだわっと家を出るとなんと、左右違う色のサンダルを履いていた今日の私でございましたー。

そんな私が2回目の登場「Hint Pot」コラムでは礼儀・マナーコーナーでポストされました。掲載はこちらから

オフィスの外はつつじ満開でした。

Share this...

日本ランズエンド社長のローガンを紹介いたします

新しい春とともに、アメリカ本社からやってきた、ローガンです。

最初にプロフィール写真を撮影する際、あまりにニコニコしているのでシリアスな表情を!とリクエストすると、「It’s not me(僕じゃない)」とのこと。
というわけで、自分らしく、ローガンらしく‥‥で、プロフィール写真にしています。

ローガンはランズエンドの前はやはり、カスタマーサービスで定評のある、ザッポスで経験を積んでいます。

25周年をむかえる、日本ランズエンドに着任し、よりお客さまに寄り添ったブランド、企業をめざしていきます。

アウトドアスポーツが好きで、今は桜の下をウォーキングしているそうです。いつも明るく楽しそうに話しますので釣られます^ ^
笑い声も大きいです!

ローガンをどうぞよろしくお願いいたします。

Share this...

コーディネート提案でトレンドコラムデビューしました!

社内で制作するコンテンツミーティングがあります。
その際、プレスダイアリーに掲載してほしいものは?と聞くとコーディネート!といわれることが多いのですが‥‥

ついに、「Hint Pot」(今を生きる女性たちが、ちょっと前向きな気持ちになれる、そんなきっかけ作りの場に、という編集長の思いで作られたWEBマガジン)で、トレンドページのコラム担当者として、コーディネート提案がポストされました。

私はスタイリストではなく、PRなので、リアルな毎日を過ごすためのTipsをリアルに伝えられたらいいなあと思ってお受けしました。

第1回はスタイリストさんでもむずかしいといわれているツィードのセットアップで。。
トップスとボトムスそれぞれにすべてランズエンドのものだけを合わせてみました。

写真は編集の方が撮影してくださっていますが、着用者はプレスダイアリー方式!?で自給自足です^ ^
 

カーディガンはアクセサリーというフレーズが好きです!
いつもそう思って巻いているので!!

「Hint pot」の記事はこちらから

Share this...

New Year’s Party 2019

2018年度を無事に終えまして、ただいま2019年度に入っております、ランズエンドです。

今年度は日本上陸25周年になるランズエンド。
この節目のNew Year’s Partyに司会進行をおおせつかりましたー

なんと、15周年のパーティでも司会進行だった話をすると、長く働いていますねーといわれますが、私はまだまだ、ひよっこ^ ^です。

今年は20年勤続表彰が10人でした。もちろん、25年勤続、創業当時からの方はこれから表彰です。
 

10年、15年、20年勤続、オペレーションアワードの表彰と続きます。
 

社長が円卓をまわり乾杯中です。
 

お楽しみその1は抽選会にて
 

演者をお招きし、すてきなハーモニーを聞かせていただきました。
 

演者のグループ名は「スナッグス」さん。
おつかれさま写真を撮ったところ、芸能事務所の社長か?疑惑が。。

Share this...

久々の立体Xシャツ騒動!?

松は明けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
今年もランズエンドをよろしくおねがいいたします。

 
ちょうど、13年前の1月、日本人の男性の体形を研究してつくられた、メンズのドレスシャツ「立体Xシャツ」が誕生いたしました。

実に日本ランズエンドにおける私の広報歴と重なることもあり、思い入れのある商品のひとつでもあります。実際に「立体Xシャツ」を着用して編集の方々にお会いしていた時代もありましたー。このたび久々に着用することに!

「360エクストリームドレスシャツ」、昨シーズンデビューした、スポーツウェア感覚の機能素材を使用した「立体Xシャツ」、見た目はスーピマ素材のものと変わりません!

毎晩、家で洗濯、次の朝にはまた着られるという噂を試すことになりまして・・

洗濯機に入れ、ぐるぐる回す、そして干す・・といったところまで画像をおさえるミッションが。それで終了だったのですが、ここは着用してみないと!ということで、だれに頼まれたわけでもないのですが(笑

その後、奇しくも「サライ」の企画ページでとりあげていただけることとなり、実際に着用した私としては胸をはって!その肌触り、汗を感じさせない、汚れがつきにくいといった着用感をもインタビューで披露できた次第です!

その掲載は現在発売されている「サライ」2月号(小学館)に、そして、洗濯画像のコンテンツは「立体Xシャツ」限定ユーザークラブである、「Xing Gate」のニュースレター(バックナンバー)でご覧いただけます!!

その昔!?の「立体Xシャツの違いがわかる女」はこちらから

 
メンズの一番小さいサイズを着用してみました。セーターはレディスのスプリングセーターを肩からかけて。

サライ 2月号 P116,117
小暮昌弘氏の新スタンダード研究室「サライの眼」に掲載されています。

Share this...