今年の春とともにやってくるのは?

今年も桜の季節がやってきました。

そして、日本ランズエンドでは新しい社長をむかえました。

ジェフリー・ハウェル

アメリカでの撮影になりましたのでシャツとジャケットを着て、ひげを剃って!(ひげも似合いますが!)などなどお願いしたのですが
弊社のデザイナーたちからも綺麗に撮れていると言われたこの写真は
娘さんの撮影とレタッチとのことでした!

彼はサマーインターンとしてランズエンド本社で仕事をしたのち、数年後に本社で財務などを歴任しています。久々のランズエンドを、そして、初めての日本をどのように見るのでしょうか・・楽しみです!

身長が2mとのことで、頭をぶつけていても驚かないでください・・と、そんなジェフをどうぞよろしくお願いいたします。

春夏のプレスプレゼンテーションで一番人気だったもの

今シーズンも工夫しながらのプレスプレゼンテーションでした。

 
さて、一番人気といえば「ハリケーンジャケット」。

アメリカの気象番組、ウェザーチャンネルと一緒につくった、機能性アウターです。ひどい荒天、たとえハリケーンでも放送し続けなければならない仕事士たちの意見がつまっています。

プレスプレゼンテーションをしているうちに、ゴルフにも使える!キャンプにも使える!自転車通勤にも使える!と、いろいろな分野の方からの絶賛もいただきました。
撮影スケジュールも次々と入り、サンプルも引っ張りだこです。

そのようななか、早速に掲載がアップされました。

「Pen Online」 From Creators

ファッションジャーナリストの小暮昌弘さんが実際に試して、詳細にご説明くださいました。
ランスエンドの企業文化やフィロソフィーにも触れてくださっていて胸が熱くなります。

こちらよりお読みいただけます。
「豪雨などの緊急事態にも安心! 天気のプロが開発に協力したアウターを入手」

2021春夏開幕前に!

1月、新年をむかえて、春夏のお披露目をする予定でした。
しかしながら、緊急事態宣言下になりましたので静かに調整してまいりました。

そのひとつ、プロフィール写真を変更しました!
NYで活躍されていた著名な写真家の方とのご縁があり、撮影の機会をいただきました。そのなかで弊社クリエイターが選んだ1枚です。

その後、3度目のヘアードネーション、今回も40cm切りました。
ヘアードネーションとは、小児ガンや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものためのウィッグをつくれるように寄付をするというもの。
最初に寄付をしたところから、誰かの普通の生活を取り戻すために大切に役立てられていますとお礼状をいただき感激しました。
これからも続けていくつもりです。

さて、できるところから春夏を展開しています。
TBS 「Nスタ」のキャスターである、ホラン千秋さんがいち早くフリルブラウスを着用してくださいました。
インスタグラムでもご紹介いただいています。

今までも何度かご着用いただいてはいますが、
このブラウス、弊社スタッフやお客さまからもホランさんにお似合いだとコメントいただきました!

ご着用されたものは一番右側のものになります。

おうち時間にぴったりの

ランズエンドのクリスマス・ストッキングは、ニードルポイントのハンドメイド刺しゅうです。
ストッキングホルダーは、ランズエンド本社のある、ウィスコンシン州にあるピューター工場でつくられています。

パリにいらっしゃる中村江里子さんが暖炉に飾っているのをブログやインスタグラムでポストしてくださったり、メンズのライフスタイルマガジン「モノマガジン」で掲載されたりしたこともあり例年以上の大きな反響をいただきました。
おうち時間の多い、今年の傾向があるのかもしれません。

一方で、おうち時間での買い物傾向として、通販というビジネスの状況は良いはずだ・・という、想定のもと、取材を受けることが多くなったのも、今年の傾向でした。

かため!?取材を受ける際には、今年始めた動画が役に立つこともありました。
やはり、写真よりは、動いている状況をみていただけると気さくな広報ということになるらしいです^^

プレスルームでのクリスマス・ストッキングたちです。メンズのフェアアイル柄のトップスもハンギングされています。

どうぞ、すてきなホリデーシーズンを!
来年もランズエンドをよろしくおねがいいたします。

ハチ人気

今季、グラフィックセーターがデビューしています。 

インパクトのある、このセーター、なんとメンズです。
実は人気のある刺しゅうをグラフィックにして、セーターに入れたということなのです。

社長のローガンが「ハチ」と呼んで気に入っているのが「柴犬ドッグ」(カラー名なのです)

ハチは秋田犬でしたねー!
でも、今はハチで通じる!?このセーター、ローガンだけでなく、インターナショナルのマーケティングトップである、ダリルも「ハチ」のファン。

そして、今回ゴルフダイジェストさんとのコラボレーションにも選ばれました。
本物をみていただけないのが残念ですがゴルファーもほれぼれとするディンプルを表現した刺しゅうが入りました。

ゴルファーにはイーグルと、いうことで、2柄を選ばれたのですがなんと「ハチ」とゴルフボールをみるやいなや、追加購入決定でした。
「ハチかわいい!!」ということで、いつのまにか、みんなでハチ呼びです。

ゴルフダイジェストオンラインはこちらから

なんと、「ハチ」は売上も絶好調だそうです!!

やはり、ファッションは楽しいですよねー!久々のコーディネートです!

洋服の仕事にかかわっていながら、購買意欲がいまひとつの時期がありましたが先日、スタイリストさんとトレンドリサーチをする機会がありました。
やはり楽しいですねー!!!わくわくが止まらなくなりました!
ということで、PRとしては、すでに来春夏に向かってはいますが、リアルな冬へと移行する今のコーディネート紹介です。

手持ちのアウターは美型シルエット・パーフェクト・ダウン・コート。品のあるカラーで、なにより着ても持っても超軽いです!
ストライプカシミヤワイドチノにパンプスを合わせて。
カジュアルでありながらエレガンスも感じていただきたいのですが(笑

 

動画で紹介していた、チェックのセットアップトレンドをスポーツニット(快適ニット)のドレスパンツで。これで外部との打ち合わせに出ています。ブーツはホワイト!が今季の気分です。

 

ダブルフェイスでリバーシブルのアウター、美型シルエット・リバーシブル・ウール・ショートコートは今の気候にぴったり。下に裏ボアのフーディを合わせているので、突然の気候変化にも負けません。足元はパイソンのブーツで今季らしく。

 

シリアス・スウェット・ドレスコーデュロイ・パンツ。ドレスの手首にあるレインボウカラーのひとつから、カシミヤのカラーを合わせました。あたたかな陽ざしのあるアクティブな昼間の外出に!

 

テディ・クルーネック・セーター、そう、テディベアみたいにもこもこなのです。スカートに合わせて、ソックススニーカーを合わせました。
手持ちのアウターはダウン・ラップ・ジャケット
ウェストが絞れるので長めスカートにもバランス良く合わせられます。
私にとっては今季一番の登場になりそうです!

動画第2弾は引く手あまたに!?

長い道のりでしたー
秋冬のサンプルが山のように届いても思うように動けず。。
先が見えないなかで思いついたのがオンラインコンテンツでした。

第2弾はスポーツニット(快適ニット)素材シリーズでまとめました。

動画はこちらから

撮影順番からいきますと、秋色夏素材で撮ったビデオから(時期的にお蔵入り。。)スポーツニット素材シリーズ、シリアススウェットシリーズと一気に撮っていきましたので (90分ですべて撮りました)
やはり、今回のビデオのほうが緊張感ありますー

残念ながらお蔵入りの1本目はNG集で少しだけ・・

最初は穏やかに始まるはずが

福田さんも手をたたいて笑うほどに
私、ツボにはまりましたー

笑いすぎて全然次に進めません。。

段取りだけで、すべて当日ぶっつけ、私の頭の中には3分から5分で終了という意識が渦巻いていて間を空けず、巻いていくことばかりで、いつもながらの早口に輪をかけてしまいました。

海のものとも山のものともわからない内容でしたので、デジタルチームも慎重でしたが
おかげさまで、前回が好評だったため、第2弾になりますと、引く手あまたになりまして!たくさんのリンクに入ることになりました。
アメリカ本社のコンテンツにも入る勢いです。

必要不可欠キャラと命名!?いただき、次回を期待されるのは嬉しいですが、アイフォン縦の固定で撮った素人動画からアップグレイドするための策を講じないと!

コロナ禍でのチャレンジは動画から

オンラインでのプレスプレゼンテーションにチャレンジしてみたいと思いました。
だからといって、ファンディングがあるわけではないのでいつもながらの自給自足にて!

スタイリストの福田さんをお誘いして・・なんと、無償でご協力いただきました!
当日は、取材の合間に、ドタバタ決めて、2時間弱で3本分撮ったなかの1本をようやくプレスリリースにいれて限定公開できました!!

動画はこちらから

なんとか、プレス展に代わるものをオンラインで・・という想いだけで動画素人の私がアイフォン固定で撮影し、編集したものなのですが、商品部含め、喜んでくださる方がいることだけでたいへんな夏が報われた感じです。

福田さんとは阿吽の呼吸がある・・と言ってくださる方もいるのですが、思えば初めてのトークショーは2016年の秋、日本ランズエンド主催のイベントでした。
いつも無茶ぶり(!?)にお付き合いいただき、ありがたい限りです。
次の動画のリリースも近日中の予定です。
お楽しみに!!と胸をはれるような作品をつくれるようになりたいものです!

コロナ禍でも猛暑下でもがんばっています!

日本ランズエンドではリモートワークが続いています。
そうは言ってもすべてがリモートで行えるわけではないので、秋冬のキックオフには工夫を重ねてチャレンジ中です。

お会いできる方には感染対策をして、秋冬を紹介しています。

ムービーを撮ってみようとスタイリストの福田さんをお誘いしました。
最初はフェイスシールドを使ってみましたが・・。
ただいまエディティング中です。

今年はスイムウェアの登場もありましたが、残念ながら。。の今があります。
でも、リゾートだけでなく使えます!
それをご提案くださったのが、ファッションジャーナリストの宮田理江さん。

“部屋着やワンマイルウェアとしても使える!「LANDS’END」のタンキニ”
と、All About イチオシでご紹介いただきました。

宮田理江さんと。展示会を開くことができたあのころ。

リモートワークでわかったこと

ランズエンドから天然繊維100%の布マスクを出しています。
早速、SAKURAさんがVOGUEで掲載してくださいました
マスクに刺しゅうっていいですね!SAKURAさんのお手製です!

 
さて、日本ランズエンドではリモートワークがメインですが、
今は、「Return to Office Plan」に沿ってリモートでできることと、そうでないことを探りつつ過ごしています。
私の場合、秋冬のサンプルが待っていますので、今のコーディネートはリモートワークスタイルと作業スタイルの日々です。

リネンシャツとコットンジャージスカートはリモート会議に。トップスに襟があるときちんと感が出ますね。

作業スタイルはパーフェクトT、今季新色で。
あれっスカートは見たことあるような?
はい、昨シーズンのものですが、ワントーンにできました!

 

秋冬の社内向け商品説明会はリモートで行われました。

緊急事態宣言解除後、初めてお会いする新聞記者の方には企業説明を行うのですが、いまいちだな。。と思う自分がいて(笑
これこそ、リモートで鈍ってしまったように思って焦ります。
リモートのミーティングで話すことはあっても、圧倒的に、声を出す、張ることがなくなっているためです。
しかも、リモートで座って話すだけ‥ということが本当に苦手なことがいまさらながらわかりました次第です。。