久々の立体Xシャツ騒動!?

松は明けてしまいましたが、あけましておめでとうございます。
今年もランズエンドをよろしくおねがいいたします。

 
ちょうど、13年前の1月、日本人の男性の体形を研究してつくられた、メンズのドレスシャツ「立体Xシャツ」が誕生いたしました。

実に日本ランズエンドにおける私の広報歴と重なることもあり、思い入れのある商品のひとつでもあります。実際に「立体Xシャツ」を着用して編集の方々にお会いしていた時代もありましたー。このたび久々に着用することに!

「360エクストリームドレスシャツ」、昨シーズンデビューした、スポーツウェア感覚の機能素材を使用した「立体Xシャツ」、見た目はスーピマ素材のものと変わりません!

毎晩、家で洗濯、次の朝にはまた着られるという噂を試すことになりまして・・

洗濯機に入れ、ぐるぐる回す、そして干す・・といったところまで画像をおさえるミッションが。それで終了だったのですが、ここは着用してみないと!ということで、だれに頼まれたわけでもないのですが(笑

その後、奇しくも「サライ」の企画ページでとりあげていただけることとなり、実際に着用した私としては胸をはって!その肌触り、汗を感じさせない、汚れがつきにくいといった着用感をもインタビューで披露できた次第です!

その掲載は現在発売されている「サライ」2月号(小学館)に、そして、洗濯画像のコンテンツは「立体Xシャツ」限定ユーザークラブである、「Xing Gate」のニュースレター(バックナンバー)でご覧いただけます!!

その昔!?の「立体Xシャツの違いがわかる女」はこちらから

 
メンズの一番小さいサイズを着用してみました。セーターはレディスのスプリングセーターを肩からかけて。

サライ 2月号 P116,117
小暮昌弘氏の新スタンダード研究室「サライの眼」に掲載されています。

Share this...