台本のないトークショー

秋晴れの真っ青な空の下、期間限定のショールームを展開しました。

161111_pr_1.jpg

ランズエンドが日本に上陸して20年余。
そのころからのおつきあいだとおっしゃる方、カタログにたくさん付箋をつけて、試着するものを決めていらした方、上から下までオールランズエンドだとひとめでわかる方

たくさんのすてきなお客さまとお会いできて本当に楽しかったです。

私はスタイリストの福田栄華さんとのトークショーを企画しておりました。

その際、主催のレディスマーチャンダイザーからは、司会進行をすること、トーク内容はおまかせだけど、2日間ちがう話にしてねって!?

通常はスクリプト(台本)をつくるのですが、そういうことであれば、普段どおり、その場の雰囲気で進めたいな・・と・・
2日間、お客様のお顔を拝見してから、話を進めたので脱線、混線!?も多々ありましたが、福田さんも一緒に楽しんでくださいました。

サプライズとして、福田さんのパーソナル・スタイリングをプレゼントできる方を選んだのですが、仕込みでしょう!?といわれるくらい、きれいな方々をあててしまいました^ ^
(福田さんの誕生日を足しただけ、2日目は息子さんの誕生日にしました^ ^)

奥様のつきそいでいらした旦那様方から、僕でも楽しかったです・・と声をかけていただけたのは何よりでした。

ちょうどご帰国中の中村江里子さんから「司会進行はたいへんだけど、楽しかったと言われることが最高のほめ言葉!」と言っていただいたところでしたので!!