一年前のこと

昨年の3月11日を思う今日このごろです。

ランズエンドでは、なにができるのだろう・・とグループ全体がひとつになったときでもありました。
アメリカから見たら小さな日本が壊れてしまうのではないかと思ったと・・今でも言われます。

現在も復興支援として、「Beacon of Hope」プロジェクトを続けています。
支援イベントに、ランズエンドの衣料を提供し、その販売にランズエンド社員がボランティアで参加し、売り上げたものを義援金としています。

また、被災地の図書館のための本を集めたり、こどもたちへのプレゼントなど、できることを少しずつ続けています。

一瞬ですべてが変わることの恐ろしさ・・そんなことを昨日のことのように思い出しています。忘れないこと・・それも支援のひとつ。

120309_pr_long.jpg

BEACON OF HOPEはこちら