姿勢が洋服の良し悪しを決めるといわれる方がいますが・・・
どうやら、それは後ろ姿らしいのです!

自分の背中が写っている写真をみて、愕然としたという方の話を聞きました。
うっかり写った後ろ姿は自分が思っていた自分の背中ではなかったと・・
それからは旦那様に背中の写真を撮っていただくことを日課としているのだそうです。

美意識の高さといった観点はさておき、
自分ではわからない後ろ姿ですが、ほかの方の後ろ姿はみることができるだけに、
あらためて気を付けないと!!と思ったできごとでした。

下着がくい込む!?後ろ姿はなんともはや避けたいものですが、
そこはバックレースといった手もあります!!
薄着になる季節ですので、油断禁物ですよ!!


180706_pr.jpg

おすすめトップスです!!


180706_pr_2.jpg

秋(8月より)には、後ろ姿がちょっと演出されたトップスも登場予定です。


5月29日
デルタ航空で働く、客室乗務員、整備士、荷物係など、
6万人のユニフォームが刷新、お披露目されました。

デザイナーのザック・ポーセンがデザインし、
ランズエンドで製作したものです。


180601_pr.jpg


アメリカの航空業界ではよりクォリテイの高いもの、
動きやすい、しわになりにくい、汚れにくいなどなど・・
機能性のあるものが求められるようになったようで、
ユニフォームの刷新が続いているようです。

まさに、ランズエンドクォリティが求められているのだと思います。
このあと、アメリカン航空のユニフォームも
ランズエンドで製作されることが決まっているのです!!

ランズエンドからの紹介はこちら

デルタ航空からの紹介はこちら


アメリカ ランズエンド社 
上級副社長, 最高商品戦略責任者 兼
国際ビジネス部門責任者 と日本語にするとかなり長い肩書のジルが来日しました。

イギリスで育ち、90年代後半からアメリカで仕事を続けているとのことで、
ランズエンドの前もアメリカ企業で仕事をしています。
何度も来日しているとのことでしたが、東京以外に旅をしたことがないとも。

滞在中に取材も受けていただきました。今週の繊研新聞の1面トップ記事に
なりましたので、もしや、ご覧いただけた方もいるとうれしいです。
アメリカでの店舗展開をECモールと共同でのばしていくといった方向性について語りました。

ちょうど、シカゴ近郊、キルディアで、そして、ボストンでも店舗をオープンしたところです。


180525_pr_1.jpg


180525_pr_2.jpg

上がキルディア店、下がバーリントン店です。


180525_pr_3.jpg

連休明け、とても寒い取材日でしたので、ふたりとも冬の様相です。。


先日、産経新聞の取材を受けました。

この春のストールのトレンドとともに、巻き方指南を・・ということで
ランズエンドのストールを何枚か使用しまして、紹介いたしました!


180427_pr.jpg
* 転載許諾済みです。


そうです。
成り行きでモデル!?もつとめることに。。
えーっということになると、カメラマンの方は鈴木京香さんを撮影したばかり・・とか!
いえいえ、そういう問題ではないのですが(笑

この春は適当な感じがいいのだそうです!!
きっちり折らないで無造作な感じで巻いてくださいね!!

こちらのスカーフ、ストライプですよね?
でも新聞用語というのがありまして、
ストライプは縦縞、ボーダーは横縞なんですってーーー!!!


4月に入ると、秋冬の声とともにPRサンプルが!!届いてきます。
そのようななか、リアルな季節である春夏コーディネート撮影を行ったところです。
大好評の福田栄華さんコーディネート、アップを楽しみにされてくださいね!

さて、福田さんとの会話でも出ましたが、この春はとにかくスカート!ということです。
ミディやロング、あるいはマキシといった、長めスカートの全盛です。
そのようななか、ミディはふくらはぎが太く見えるので・・とか、
バランスが悪く感じる・・といった声も聞きます。
やはり、自分の好きな丈というのはありますしね。
そのようなときの工夫をひとつ!

私の最近はもっぱらロングか、マキシ。
長めに着用したいときは!大きなサイズを選ぶといいです。


180420_pr_1.jpg

こちらのエアリー・ミディスカート
ウェストゆるゆるサイズの着用でかなりロングになります。


180420_pr_2.jpg

こちらのエアリー・ミディスカート
ジャストウェストの着用丈になります。


180420_pr_3.jpg

こちらは、フローラル人気にふさわしいミックスプリント・ミディスカート!
さまざまな色が入っていますので、トップスは何色でもあわせることができます。


180420_pr_4.jpg

スーピマ・カーディガンは前後を反対にした開き具合が好きなんです^ ^
どうやって着るの??とか、驚かれますが、ボタンを留めたままかぶれますよ!


180323_pr_3.jpg

春分の日の雪に驚いていると、あっという間に満開の桜です。
ちょうどコーディネート撮影をしたスタジオが千鳥ヶ淵に近く、
今年も圧倒的な桜たちを見ることができました!

さて、先週アメリカ本社からCEOのジェロームが来社しました。
私が広報として着任以来、久々のアメリカ人のCEOです。
なぜか、ヨーロッパ出自の方が続いていましたので。

ジェロームがCEO着任後にどのように進んでいるのか!
また日本においてはどのように考えているのか
日本オフィスで従業員を前に、プレゼンテーション資料と合わせての説明となりました。
外資で長きにわたり仕事をしてきた私見ではありますがアメリカ人だなあ・・と
思うところ多々ありまして!!
懐かしく感じていた私でありました!


180323_pr_1.jpg

和やかなやりとりに、破顔一笑の日本の社長です。


180323_pr_2.jpg

写真をお願いすると、顔を隠してだめだめ・・といいながら、嘘だよ~的な、笑顔の
ジェロームと、日本の社長と。


ランズエンド本社はアメリカのウィスコンシン州、とても寒いところにあります。
だからこそ、冬のアウターの名品は生まれたのですが!

そのアウターについてのニュースを2件お伝えしようと思います。

アメリカではこの冬「ウェザーチャンネル」(24時間天気予報を伝えている
ケーブルテレビ)出演者のオフィシャルアウターとなりました。
気象学者の方が荒天のとき、吹雪に耐えながら中継をするとき、
いつもランズエンドのアウターを着用しています

そして、そのアウターのひとつがピョンチャンオリンピックでも話題になったのです。

10日夜のスキージャンプ男子ノーマルヒル本戦。
激しいメダル争いの一方で、あまりの寒さに観客はいなくなってしまったと・・・

「万全の防寒対策で最後まで競技を見届ける米国人の2人組。周りには誰も観客はいない」
というキャプション付きで写真に写っている方の着用はまさにランズエンドのアウターでした。
ランズエンドの刺しゅう「灯台」が袖に入った、エクスペディション・パーカ!
まさに、荒天に打ち勝ったアウターです!!


180223_pr.jpg

エクスペディション・パーカの左腕に入っている灯台の刺しゅうです!


ランズエンドは1月が決算期ということで、2月より新年度が始まります。

ということで毎年2月に入り、「New Year's Party」が開催されます。

アジェンダは業績についてはもちろんですが勤続表彰(10年、15年、20年)、
そして、カスタマーサービスチームにはオペレーションアワードといって、
いかにお客さまに喜んでいただけたかという観点にて表彰があります。


180209_pr_1.jpg

社長の稲辺の乾杯から始まり


180209_pr_2.jpg

今年度もグッドニュースをたくさんつくりましょう!と社長と広報で乾杯を!


180209_pr_3.jpg

ヴェリーダンスの登場も!

早春のカタログのお披露目ももうすぐ!!
春が、暖かくなるのが待ち遠しいですね!!


あけましておめでとうございます。
穏やかな新年をおむかえのことと存じます。


180112_pr.jpg


ランズエンドでは、4日から始業、セールも始まりました!!
ということで、恒例の!コールセンターでのお客様からの電話に
応援部隊として、参加させていただきました。
本当に応援になっているかどうかは、相変わらずでして。。
二人羽織をお願いできたら!!と思う気持ちも変わっておりません(苦笑

しかしながら、お客さまと話ができるのはとても楽しく、
見えないお客さまに見えない商品の説明をすることはPRの仕事にはないものですので、
勉強になりますーー!

さて、セールといえば、私の場合、コーディネートに大切なスパイスになる小物、
アクセサリーをみつけるのが好きです。
あとは、オケージョンものですね、ランズエンドではクリスマスストッキングをぜひに!!
毎年、柄が変りますので、ずっと買い足してくださる方も多いもの!
お客さまのコメントにも絶賛が並びます。

お正月にクリスマスストッキングをおすすめするのもなんですが・・
奇しくも、中村江里子さんの寄稿「フランスの暮らしは想像以上に大変」
なつかしい、靴下たちが掲載されていまして、
やっぱり時が経ってもいいものはいいなあと思った次第なのです!!

クリスマスストッキングのページはこちらから

12月になると今年もあっという間だったといつも思いますね・・
でも今年は特に短かった~というのが、正直なところなのですが・・
よく働いた!ということに尽きますでしょうか(笑

商品広報として、1年に3回の展示会を開催し体力勝負ではありましたが。。
たくさんの方とお会いできる楽しさは何にも代え難いものです。

企業広報としては、社長登場の機会をたくさんつくり、
日本ランズエンドとしてのさまざまな取り組みを紹介してまいりました。


171222_pr_1.jpg


写真は「かながわ働き方シンポジウム」のパネルディスカッションで社長の稲辺が登壇、
「先進企業が実践する働き方改革」という自社のワークライフバランスの取組を
紹介したときのものです。

アメリカ本社の創業者である、ゲリー・コマーの遺した言葉は
ランズエンドの理念となり今も活きているのです。
「Take care of customers. Take care of employees.
Others will take care of themselves.」
(お客様と従業員を大切にしましょう、そうすれば成功は自ずとついてくるのです。)

来年もランズエンドをどうぞよろしくお願いいたします!!


171222_pr_2.jpg

日本ランズエンド 広報
プロフィール

プロフィール

広報マネージャーとして6回目の新年を迎えることに!  ファッション、スポーツ、芸能畑にて広報一筋◯年。(途中お休みもしたので 数えたことがない) よくある名前のため、新ブランドのランズエンドキャンバス社内用語にちなみ 「エミリー」と呼ばれているが、実はアメリカでもよくある名前らしい。

Lands'End Japan on Facebook

月別 アーカイブ