猛暑でのリアルコーディネート紹介です。

秋冬が始まりましたがリアルには春夏もののセールですよね!

梅雨があけてこのあと8月、いえいえ9月までは亜熱帯状態ですのでリネン以外は考えられません!
コットン100%もすばらしいですが、日本の夏にはリネン100%です!!

ランズエンドの洗えるリネンシリーズ、YouTube投稿は9000回の視聴回数を超え、1万回間近となりました。
固定カメラで撮影せざるを得なかったので、全身を見たいというご要望に応えてコーディネートを追加いたします。
今リアルに着られ!セール価格で購入できるリネンたちです!

セットアップにもなる、共生地のものは使えます!
 ― ポップオーバーシャツ(前ボタンをあけて、うしろに引きます)
 ― フレアスカート(サイズをあげて、腰で止めます)
 ― コットンリネンセーター(ポインテールがアクセサリーになります)

YouTubeで着用していたワンピース(フラックスカラー)は、ベルトを使用。

色違いのインディゴカラーでベルト使わず、
ペチコート代わりにフレアスカートをいれてマキシ丈に。

ノーカラージャケットは冷房対策にも。
後ろ姿はこんな感じ。自撮りではできなかったのですが、横から見ると動きがあってかわいいです。

新聞記者の方とも対面でお会いすることができるようになりました。
マスクデフォルトなので、YouTubeをご覧いただいてからお会いしました。
「見ましたー!笑うところではないのですが」・・と!!素直な記者の方のコメント。
笑っていただけるのが一番嬉しいことです!

動画 Vol.1はこちら

動画 Vol.2はこちら

入梅に準備しているもの

これから本格的に夏物が活躍しますが、日本の夏はリネンしか着られないですねっ!
というところで・・・この秋冬のサンプルがそろいました。

PRサンプルはメディアの方々にお貸出しするために、商品情報を入れたタグを付けていきます。

タグは印刷をしたあとに切り分けていくのですが、カッターよりはさみのほうが早いという達人は手の感覚がなくなったと言いながら切り続けてくれるのです。
家で包丁を持てなくなったら、たいへん!と心配する私にそんなにやわではありませんよ!と、余裕^^
そして、タグづくりやサンプルが入った山のような着荷を何事もなかったかのように片付けてくれる達人やラッピングの達人も。
実はカスタマーサービスの方たちでして、強力な助っ人たちがいるからこそ、また次の秋冬の広報活動を迎えることができるわけなのです!

そして、社内でのサンプルレビューです。

メンズからは新たなコラボレーションを発表しますのでもう少しお待ちくださいませ。

メンズのカシミヤコレクションを少しだけお見せします。

レディスのカシミヤコレクション。スタイル別でこれだけ用意しています。
例年どおり、色とりどりから選んでいただけますが
ピンクだけでそろえたのは、別名、エミリーコレクションです^^
入梅にどのカシミヤを着ようかと考える稀有な人がここにいるわけです。

2mのジェフが登場で

季節はめぐっていきますね。

コロナ禍においては、基本的にオンラインのミーティングを続けてきました。ですので、社長のジェフとも、画面越しでした。

このたび、緊急事態などの制限がなくなり、久々にタウンホールミーティング(経営陣と従業員との円滑なコミュニケーションの場になります。)が対面で行われました。
そこで2mのジェフの登場です。

予行演習で代わりの方で録画のポジションを決めていたら、ジェフの胸しか映らないという事態も^^

私、162cmですが、ちょっと高めのサンダル履いてみました・・けれど。

ジェフはヘルシーな生活をおくっているせいか、とてもスリムなので、
ジャパン・フィットでも着用できます。長さが足りないだけで^^

コンパスが長いので「速歩(はやあし)」という日本語を覚えていました。
そう言われることが多いのでしょうね^^

SDG’s 取り組みを地道に続けています。

昨今は企業広報についての発信が少なくならざるを得なかったのですが
SDG’sについては材料を準備しておりました。

今回、衣料リサイクルについて、アパレル企業としてはいち早くリサイクルの会社と進めてきたことに着目していただき、繊研新聞で「日本ランズエンド 環境CSR 活動強める」と掲載されました。
梱包材なども地道に改良しておりまして、お客さまにお送りするカタログのフィルムラッピングも印刷時に二酸化炭素の排出が少ない、水性フレキソインクを使用したものに変更しています。

そして、27日は「国際盲導犬の日」。盲導犬ユーザーの見守り、声掛けについてお知らせしているリーフレットに今年も賛同いたしました。
リーフレットにつきましてはホームページ、社会貢献活動というコンテンツでご覧いただけます。

GW前に4本目の動画を公開できました。
早朝から撮り始め、今回の収録分は22;00台に入っていたので、ヘロヘロ感が出ているかも。。
あにはからんや、試写では前回よりインプルーブしている!!と言われ・・
時間に追われていましたのでテキパキ感が出ていたかも。。と言うと・・
いつもの〇〇さん(私の名前)ですよ!と・・うーむ、考えさせられた今回の動く自分でした。

動画はこちらから

1000回を超えたので。

ユーチューブデビューと言われますが、実は2020年、コロナ禍でなにかやらなければ!と、ファンディングなし、iPhoneで撮影した動画があります。
限定公開にも関わらず、いつの間にか視聴回数1000回を超えていてびっくりです。

そのような経験から、もう少しグレードアップした作品をと考えたのが
今回のユーチューブ制作につながった次第です。

今日はカスタマーサービスの方々と試写中です。

お客さまと直接コミュニケーションを取る、カスタマーサービスからの話はとても楽しく、また、いろいろな気づきがあります。

“洗えるリネン”とカタログやECサイトでうたってはいますが、リネンは洗えるの?と聞かれるお客さまが多いのだそうです。
はい、ランズエンドはリネン100%、でもおうちで洗えます!と今回の動画のテーマにした甲斐があるというものです。

スタイリストの福田栄華さんとの「洗えるリネンシリーズ」Vol.1,2と公開されました。

動画 Vol.1はこちら

動画 Vol.2はこちら

アースデーに動画再生をおすすめするのはちょっと気が引けますが・・
週末にでもぜひ!

広報動画のユーチューブ公開が始まりました!

昨年の春ごろから企画と制作を始めました。
どのように進めてきたのかという覚書としてですが・・

まずはファンディングをし、企画をアメリカ人ボスたちに何度もプレゼンし(ここが長かったです。。)OKが出た後で演出プランとキャスティングに入り、コーディネート組み。
台本をつくり、進行役で出演(これも大変な撮影当日でした。。)
撮影収録後、編集確認を繰り返しながら公開メディアの交渉までを終えたところです。

撮影当日の裏側から。

アイロンをかけるレディススタイリストの福田栄華さん

レイダウンを確認するメンズスタイリストの仲唐英俊さん

そして、私と福田さんの動画1本目の始まりです。

1本目公開はメンズの「ファストシールドジャケット」の着回しからです。

動画はこちらから

社内では身内受けですが、YouTube用の題名を“エミリーの部屋”と名付けたら・・と・・言われ続けています。
徹子さん、すみません!

2022 桜の季節とともに進めています。

3月の終り頃、家に籠って仕事をする事態がありまして・・
外に出たらいきなりの満開で驚いた今年の桜の始まりでした。
せっかくなので、アメリカ人ボスとのミーティングでは桜を背景にして見せましたらアウトドアからか!・・と喜んでいましたが・・窓の外を見せただけで^ ^

その後、満開の桜を堪能する機会があり、とてもリフレッシュできました。

今季のチャレンジとして新たな広報動画の制作に入っています。
ここまでたどり着くまでの紆余曲折だけで、ふぅ。。という感じでしたが
先日、朝から晩までで、コーディネート12スタイル、動画4本撮影しました。
来週から順次公開予定で、今はまだドタバタ中です。

今回はメンズコーディネートを入れています。
プロモーション動画ではなく、情報を探している方に届けられるような動画を・・とメンズの商品部と同意いたしました。
予告サムネイルをどうぞ^ ^

籠っていたのはすべての台本を作っていたからでしたが・・
台本通りというのは意外につまらないことかも・・と呻吟する、ドタバタがデフォルトの私でもありまして・・
次回に続く・・です!

マスクデフォルトで3年目の春を迎えて

2月初めレディスのプレス展でした。

春アウターは機能性満載なのにクラシックなトレンチコート、そしてなんといってもパッチワークジャケットが意表を突いていて!
私ひそかに“おくるみ”と呼んでいます。すぐに通じる方が多いのも嬉しいです^^

ファッションジャーナリストの宮田理江さんがレトロトレンドに・・とインスタにあげてくださいました。

プレス展では毎日春夏のルックでした。
バリバリリネン着て寒くないですかーと、言われつつ・・
いつもながら季節先取り過ぎです^^

コロナ禍3年目の春、初めてお会いする方とはマスク姿がデフォルトになるのでそのあと不意にお会いすると戸惑いますよね。。

(私の名前)さんがいらしていますよね・・って・・遠くで聞こえた後に突如私の目の前に現れた方が・・えええ、なぜに??まさかの声バレ!?
今更ながら認識しました。
その昔から・・出版社の代表に電話をすると、すぐに取り次いでいただいたり、編集部に電話して一言話すと、あ、(私の名前)さんねーと言われたりしたことも。

マスクをしていると声をはりますのでより特徴が出るのかもしれませんが。。
ちなみに平野レミさんとご一緒していると、顔を出していなくとも必ずバレていて・・
いやになっちゃう。。という状況を何度も見ています^^

大谷翔平選手、ランズエンドを着る

大谷翔平選手、本当にナイスガイで、嫌いな人はいないですよねっ

アメリカで活躍されていることもあり、ランズエンドとの出会いが!
US GQでの登場でした。(日本では3月号で掲載されています。)
ファッション特集ではアンバサダーをつとめるボス、そしてプラダ、ルイヴィトン、ラルフローレンと並んで、ランズエンドのブランド紹介がありました。

白のタートルネックで特集見開きからの登場でした!(こちらから公開されました。

プレスプレビューの時期と重なりましたので、いらした方々と喜び、盛り上がりました次第です!
折しも冬季オリンピックの最中ですが、アスリートと仕事をしていたことを思い出しながら・・
何らかの形で関わることができるのは嬉しいことです。
大谷選手、ありがとうございましたー!!

この春夏もまたたくさんのネタを提供してまいります。
寒さの中でも春の光が届き始めました。
春アウターのイチオシ ”ファストシールド・ジャケット” は早くも引き合い殺到で、掲載が始まりました

ルック 1日目
カーディガンのイェローの色味はこの春トレンド色のひとつです。
スタイリスト、ファッションエディターの青柳光則さんと。
(スーピマインターロック・タートルを着用してくださっていました。)

セックス・アンド・ザ・シティ 新シリーズとランズエンド

あけましておめでとうございます。

新年早々にあがってきたクリッピングのひとつ、
「『セックス・アンド・ザ・シティ新章』の多様化大作戦と、インターセクショナリティ」

「セックス・アンド・ザ・シティ」、アメリカのTVドラマですが新シリーズが始まるということで出演者などなど話題を提供している最中です。
そのような中でランズエンドというワードがクリップされるとは!と、少々驚きながら読み始めましたが、ランズエンドというブランド、企業を的確に、そして、インターセクショナリティに対しての立ち位置にも言及してくださり興味深いものでした。

NY在住の筆者の方と連絡をとり、リンクの承認をいただいたのですが、その際に、
“アメリカではモデルの変遷が社会の変化の反映となるので、ランズエンドのカタログも毎回、大変興味深く拝見しています。”と。
ぜひご一読いただければと思います。

記事はこちら
(出典「wezzy」堂本かおる著)

コロナ禍でのまた新たな春夏を迎えるファッション業界ではありますが、インターセクショナリティといった、多様性や包括性の推進を考える上での立ち位置には企業としての責任を感じます。

本年もランズエンドをどうぞよろしくお願いいたします。